トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「ファミリー」

馬も遊びも楽しめる、ファミリーで函館競馬場

140621C16.jpg
今や、夏の観光スポットの定番となった感のある函館競馬場。小さな子ども連れでもいろいろと楽しめて、ファミリーでのお出かけスポットとしても注目です。競馬のことはまったく分からなくても、馬を間近で見られる楽しさだけでなく、幼児から小学生まで思いっきり遊べる遊具広場やアトラクションが充実。屋内に乳幼児がゆっくり遊べるキッズコーナーまで完備されているなど、一日たっぷり遊べます。函館の海や空、山を見渡せる立地にある函館競馬場に、2014年のある日、幼児と小学生がいるママ記者が初めて遊びに行ってみました。

⇒函館競馬最新情報はこちら



◆競走開始前の馬が巡回する「パドック」で馬とご対面

140621C01.jpg
函館競馬場を訪れたのは、2014年6月のよく晴れた日曜日。競馬場敷地内の花壇には、色鮮やかな花々と草が美しく整備され、これから足を踏み入れる競馬場への期待が高まります。

140621C02.jpg
入り口脇には、入場前からガラスを通して様子を見ることができる「パドック」に、馬たちが悠々と歩く姿が。「早く中から見よう!」という子どもたちの声に押され、入場券(100円。15歳未満は無料)を買ってパドックへ急ぎました。

140621C03.jpg
テーマパークなどで何度も馬を見たことがある子どもたちも、レースを控えた緊張感の中で騎手を乗せた馬が歩いていく姿は、また新鮮に映るようです。パドックの様子は、函館市街を見渡せる3階の「光の広場」からも見下ろせます。


◆レースコース内側の「緑の広場」には遊具スペースが充実

140621C04.jpg
スタンドから見渡す景色は、前方に函館山と津軽海峡が広がっているのが印象的。真剣なレースが繰り広げられるコースに囲まれた内馬場(うちばば)には、なんと楽しげな遊具スペース「緑の広場」があります。コースを横切るわけではなく、地下通路を通っていくのでご安心を。「馬が走るまでに時間があるから、まずは遊具で遊ぼう」と、勇んでGO! 近くにある函館空港に向かう飛行機が、上空を割と頻繁に飛行していくので、子どもたちのテンションもさらにアップ。乗り物好きさんにもおすすめです。

140621C05.jpg
小学生が身体を思いっきり使って遊べるアスレチック系の遊具。

140621C06.jpg
広い滑り台。

140621C07.jpg
ふわふわドーム。ヨチヨチ歩きの1~2歳の子がじっくり取り組める複合遊具もあり、バラエティ豊か。これが全部無料で利用できます。

140621C08.jpg
電動カートは、5歳~小学生が利用できます(これも無料)。ペダルを踏むだけで進み、ハンドル操作で方向転換。1周が終わって交替しても、列の後ろに繰り返し並ぶ子たちもいるほどの人気でした。

緑の広場にある女性トイレには、オムツ替えシートがあります。日当たりのよい広場には屋根つきの休憩スペースもあるので、たまに陽射しをよけて水分補給をして休憩しながら遊びましょう!


◆内側からレースも観戦。馬の走るスピードにびっくり
140621C09.jpg
緑の広場の遊具で夢中になって遊んでいるうちに、レースの時間が近づいてきました。馬たちがスタート地点に移動していったので、「そろそろかな?」とフェンス越しに眺めていると、あっという間に馬たちが目の前を走り去っていきます。その速さに呆気にとられた子どもたちは、「速いね......」「乗っている人の姿勢が面白いね!」「ああいう姿勢じゃないと速く進めないんだよ!」などとワイワイ。初めて見た競走する馬たちに興奮気味です。

力強い走りをもっと感じたいなら、外側のターフシート(芝生席)から。レースは外側の「芝コース」と内側の「ダートコース」で行われますが、芝のレースは本当に目の前。迫力満点です。


◆フードコートめぐりもワクワク。グルメイベントも開催されます

140621C11.jpg
思いっきり遊んでおなかがすいたら、スタンド2~3階のフードコートへ。レストラン、ファストフード、テイクアウトのお店がいろいろあってワクワクします。

140621C12.jpg
アメリカンドッグ、焼きそば、フライドチキンなどのほか、暑い季節にはやっぱりソフトクリームも魅力ですね。麺厨房あじさいの塩ラーメン、美鈴のコーヒーやサンドイッチもあります。

140621C13.jpg
我が家は昼食を兼ねたおにぎりを持ち込みしていましたが、やはりお店でも買いたい!ということで、好きなものをテイクアウトして青々とした芝生広場で味わいました。

ベビーカー世代のお子さんがいる場合には、各フロアの移動はエレベーターが便利です。函館競馬場での競馬開催日には、屋外「風の広場」に函館の定番グルメのお店も出店します。


◆小さな子がゆったり遊べる屋内キッズコーナーも

140621C10.jpg
遊びや馬に夢中で過ごして疲れてしまったら、2階のフードコート脇にある屋内キッズコーナーへ。ミニ滑り台やミニボールプール、おままごとセット、絵本があり、DVDも観ることができるので、小さな子がゆったり休憩しながら遊べます。年齢制限はありません。中にあるキッズトイレは、幼児用の小さな便器、手洗い場、2台のオムツ替えシートがあり、向かいには授乳コーナーもあります。ベビーカー置場もあるので、キッズスペース利用時だけでなく、ベビーカーを置いて施設内を周りたいときに利用することができます。利用はもちろん無料です。開門(通常9:00)~16:30(ベビーカー置き場は17:00まで)。

140621C15.jpg
たっぷり遊んで帰ろうと思ったら、小さな子がまだまだ楽しめるアトラクションが。内馬場の入り口と、入場券販売所の中間の屋根のあるスペースに、無料で楽しめる小さな新幹線やメリーゴーランド、消防車などの電動遊具があり、最後の最後まで遊び倒しました。

全体的にアトラクションが豊富で幅広い年齢の子どもが楽しめるので、歳の離れた兄弟やお友だち同士で遊びに行った際にも、楽しさを共有できるのも嬉しいですね。競馬開催日はイベントも盛りだくさん、ポニーや馬の試乗体験、馬車の運行など、馬とのふれあいができる日もあります。開催日、時間はホームページでご確認を。⇒馬とのふれあいイベント・キッズアトラクション情報

2016年の函館競馬開催は6月18日(土)~7月24日(日)。この期間のみのアトラクションなどもあるので、ぜひ出かけてみましょう。⇒詳細

※記者C 2014/6/20・22取材、7/6公開 2016/6/4更新

関連記事