トップに戻る
毛ガニ、タラバ、ズワイ......函館でカニ満喫!
190305k11.jpg

「函館に行ったら、美味しいものを食べる!」「海鮮三昧したい!!」と、旅を楽しみにしていらっしゃるかたも多いのでは? その中でも、旅行者の皆さんが食べたいものとして挙げる筆頭クラスが「カニ」。函館で食べられる多彩なカニ料理の数々と、それらが食べられる店をご紹介します。


◆函館でかにを楽しむ

190305k02.jpg

三方を海に囲まれた函館の市民は、昔から海産物に親しんできました。有名な函館朝市から街なかの鮮魚店まで海産物を扱う店も多く、海鮮料理店も多数。それにともなって流通体制も整っているため、いつも新鮮な海産物が楽しめます。

190305k04.jpg

カニについても、ほぼ年間を通して新鮮なものが手に入ります。函館朝市の売り場や市内飲食店の店頭・店内では、生きたカニ(活ガニ)がいる生簀(いけす)を見かけることもしばしば。飲食店の生簀にいる活ガニは、注文を受けてから調理されます。冷凍やボイルとは違う、新鮮なカニならではのおいしさをぜひ味わってみましょう。


◆代表的なカニ3種類をご紹介

190305k06.jpg
《タラバガニ⇒脚肉が食べごたえあり》
真ダラが生息する深海(鱈場)でよく獲れたことからその名がついたそう。脚を広げると1メートル以上になるものも珍しくなく、英語では「キングクラブ(カニの王様)」と呼ばれます。太い脚にぎっしりと弾力のある繊維状の肉が詰まっていて、食べごたえ抜群です。ただし、カニミソはほとんどなく、また食用にあまり適さないため食べることができません。

190305k05.jpg
《毛ガニ⇒旨み満点の身とカニみそ》
北海道各地の沿岸でほぼ年間を通じて水揚げされているため、北海道民には最もなじみがあるカニ。体全体が短い毛で覆われて、甲羅の大きさは最大でも15センチほどと、それほど大きくありません。脚も小ぶりで食べるのには少し苦労しますが、味の繊細さと旨みの強さは毛ガニがいちばんという声も。カニみその多さと味の濃さも人気です。

190305k20.jpg
《ズワイガニ⇒上品な味わい》
松葉ガニ、越前ガニとも呼ばれ、冬の味覚として全国各地で親しまれているカニ。脚は太くないものの、くせのない上品な味わいはさまざまな料理に適していて、刺身から鍋物まで幅広い食べ方で親しまれています。ただ、北海道ではタラバガニや毛ガニの人気が高いため、それに比べると、市場や飲食店でズワイガニを見かける頻度はそれほど多くありません。


◆函館で味わいたいカニ料理

190305k12.jpg
《カニしゃぶ》
生もしくは生のまま冷凍したカニの脚をさっとだし汁に通して味わうカニしゃぶは、ズワイガニのおいしい食べ方としてよく知られています。あまり火を通しすぎず、身の赤みが濃くなってきたあたりで食べると、カニの甘みと柔らかな食感が楽しめます。(かにしゃぶ/海鮮料理 はこだて亭)

190305k24.jpg
《蒸しガニ》
生け簀から取り出した活ガニをセイロに載せて蒸し上げるシンプルな調理法。一般的なボイル(茹でガニ)に比べて、カニの旨みを逃しにくく、カニ本来の味わいを熱々のうちに楽しめます。(毛がにのまるごとセイロ蒸し/海鮮料理 はこだて亭)

190305k13.jpg
《焼きガニ》
生のタラバガニを炭火であぶると、適度に水分が飛んでプリプリした食感になり、香ばしさも加わって旨みが一段と増します。カニそのものの塩分で、何もつけなくてもほどよい塩加減に。(たらば蟹炭火焼き/海鮮料理 はこだて亭)

190305k14.jpg
《ゆでガニ》 
市場やスーパーで最もよく目にするのがこの「ゆでガニ」。水揚げしてすぐ新鮮なうちに茹でた「浜茹で」が一般的です。一部の飲食店では、活ガニをその場でボイルして提供しています。カニの食感と甘みがダイレクトに伝わります。(たらばがに太足丼/函館ダイニング 雅家)

190305k07.jpg
《カニ飯》
カニのほぐし身たっぷりの贅沢なご飯。ご飯の上にカニの身をのせたちらし寿司タイプや、カニの身やカニみそを混ぜ込む釜飯など、店によっておすすめの食べ方で提供されます。(かにセイロ・華御膳/海鮮料理 はこだて亭)

190305k10.jpg
《カニ鍋》
カニに火をあまり通し過ぎず、サッと火が通ったくらいで食べるのがポイント。野菜やキノコ類にもカニの旨みが染み込み、おいしく食べられます。風味たっぷりのつゆも残さずに。(かに一人鍋・はこだて亭御膳/海鮮料理 はこだて亭)

190305k09.jpg
《天ぷら》
そのまま食べてもおいしいカニを、あえて天ぷらに。衣でカニの旨みをぎゅっと閉じ込めて外に逃がさないため、ほっくりした食感と濃厚な味わいが楽しめます。(かに天ぷら/海鮮料理 はこだて亭)

190305k15.jpg
《甲羅焼き》
カニの甲羅(こうら)を器に見立てた料理は、野趣あふれた魅力があります。カニの身やカニみそを入れて焼いたものは、香ばしさ満点。(かに味噌甲羅焼き/地元家)

190305k17.jpg
《カニサラダ》
サラダのような一般的なメニューにも、店によってはカニがふんだんに使われているものがあります。そのほか、カニシュウマイ、カニクリームコロッケ、カニグラタンなど、カニのアレンジメニューはいろいろ。(カニサラダ/函館開陽亭本店)


◆函館でカニ料理が食べられる店

海鮮料理 はこだて亭 はこだて亭御膳(3024円+税) ⇒公式HP
カニ料理をはじめとする海鮮料理専門店。あっさりした味わいのカニの一人鍋をはじめ、茹でガニ、カニの刺身、カニの天ぷらなど、カニをさまざまな食べ方で味わえる御膳料理は、調理法による味わいの違いが存分に楽しめるお得なメニューです。

函館ダイニング 雅家 たらばがに太足丼(3500円+税) ⇒公式HP
函館朝市の一角にある和食店。道南産ふっくりんこの熱々ご飯にほぐし身を敷き詰め、さらにタラバガニの太い脚1本分を豪快に載せたどんぶりは、食べごたえ満点。ボイルしたタラバガニの脚1本分を盛りつけた「たらばがにの極太足刺し(3900円+税)」もおすすめ。

函館開陽亭本店 毛ガニむき身(3800円+税)
五稜郭エリアにある海鮮料理自慢の居酒屋。甲羅に山盛りに詰めた毛ガニ1杯分のむき身は、見た目にもインパクト大。むく手間いらずで、お酒と一緒につまむのに最適。茹でたズワイガニが入った「カニサラダ(980円+税)」は、野菜たっぷりで旅行中にも嬉しいメニュー。

地元家 かに釜飯(980円+税) ⇒公式HP
地元の食材を生かした料理とお酒が楽しめる居酒屋。カニのみそと身をご飯とよく混ぜて蒸らしてから味わう釜飯は、カニの風味と食感が生きて、抜群のおいしさ。「かに味噌甲羅焼き(580円+税)」は、毛ガニのほぐし身とカニみそを香ばしさが出るまであぶった一品。

くらぶはうす カニ足石焼きステーキ(税込1780円) ⇒公式HP
函館駅前エリアにある屋台村「大門横丁」内のカニと海鮮料理の店。新鮮なうちに冷凍したタラバガニとズワイガニの脚を石のプレートで焼き上げるメニューが人気。豪快にかぶりつくと、旨みたっぷりのエキスがにじみ出し、カニの自然な甘みが口いっぱいに広がります。


※記者K 2019/1/16~2/28取材、3/24公開