トップに戻る
箱館はじめて物語

日本最初のギリシャ正教会
「函館ハリストス正教会」

にほんさいしょのギリシャせいきょうかい
「はこだてハリストスせいきょうかい」


安政6(1860)年にロシア領事館の付属聖堂として開設され、明治5年に正教会に移管された、日本最初のギリシャ正教会。現在の建物は大正5年に再建されたもの。

函館ハリストス正教会は、安政6(1860)年にロシア領事館の付属聖堂として開設された。この教会は明治40(1907)年の大火で焼失するが、大正5(1916)年に2代目が再建されて現在に至る。この2代目の建物はレンガ造りの耐火建築物であり、函館で多発した火災への対策が講じられている。 

函館とロシアのつながりは深く、安政5(1858)年には、初代函館駐在ロシア領事となるゴシケーヴィチが、ハリストス正教会司祭や医師など総勢15名を引き連れて来航した。函館には開港後たくさんの領事館が開設されたが、プロの外交官を函館に送った国は、ロシアとイギリスだけだったという。しかも、日本の開国後明治5年までは、ロシアは函館を日本で唯一の窓口とし、様々なやり取りを行った。

ハリストス正教会の2代目の鐘は、東京の神田にあるニコライ堂に移されている。ニコライ堂の「ニコライ」は、函館ハリストス正教会の2代目司祭の名前。日本語や漢文はもちろん、日本の歴史や民俗学等を学んだ。倒産した本屋の本を全部買い取ったという彼の勤勉の精神は、函館市民に大きな影響を及ぼしたという。

関連記事
 函館ハリストス正教会


※オフィスO 2011/7/7取材 2011/7/22公開


エリア 駅前・元町地区
問合せ先 函館ハリストス正教会
所在地 函館市元町3-13
電話番号 0138-23-7387
開館時間 平日10:00~17:00、土10:00~16:00、日13:00~16:00
定休日 無休
アクセス 【市電】「末広町」電停 徒歩9分
駐車場
関連リンク 函館ハリストス正教会
GoogleMapで大きなマップを開く