トップに戻る
ニュース 

函館近郊の森町に「ポケモンマンホール(ポケふた)」登場

函館近郊の森町に「ポケモンマンホール(ポケふた)」登場
ふだん何気なく歩いている街なかにあるマンホールのふた。全国各地に、地元の名所や特産品などをデザインした「ご当地マンホール」があります。

函館からJR特急で約45分、車なら約1時間の森町に、ポケットモンスターが描かれたマンホールのふた、ポケモンマンホール「ポケふた」が設置されました。描かれているのは、北海道だいすき発見隊の隊長でマイナス50℃の冷気を吐く「アローラロコン」と、発光体の点滅が特徴的な「マーイーカ」です。

設置場所は、JR森駅前の森商工会議所玄関前です(詳細)。画像提供/北海道森町役場企画振興課

また、函館から車で約2時間の上ノ国町の道の駅上ノ国もんじゅにも、「ロコン」と「ヒコザル」のポケふたが設置されています(詳細)。

函館から足をのばして、小さな旅に出かけてみてはいかがでしょう。

関連記事