トップに戻る
ニュース 

青函連絡船記念館摩周丸、3月19日まで長期臨時休館

青函連絡船記念館摩周丸、3月19日まで長期臨時休館
明治末期から1988(昭和63)年まで、函館と青森との間、津軽海峡を航行していた青函連絡船。現在、函館では「函館市青函連絡船記念館摩周丸」としてJR函館駅近くの岸壁に係留され、博物館船となっています。

このたび、船体塗装工事にともなって約1カ月間、休館となります。また、工事期間中は、対岸の函館どつくに入るため、岸壁を離れ、陸上から見ることもできなくなります。ご不便をおかけしますが、どうぞご了承ください。


休館期間 2020年2月3日(月)~3月19日(木) ※コロナウイルス感染防止のため延長されました
どつく入り期間 2020年2月5日(水)~25日(火)
問い合わせ 函館市企画部企画管理課0138-21-3621

hakobura200128.jpg

八幡坂から望む青函連絡船記念館摩周丸。