トップに戻る
おすすめ情報一覧
函館朝市の駅二市場にある活いか釣堀ひろばに、「函館朝市ミニ水族館」と称して、大型水槽4基が登場しました。

これは「はこだて海の教室~海と日本PROJECT~」の一環。ホッケ、ソイ、ヒラメ、イシダイ、カジカなどの海水魚約20種類が、解説とともに展示されています。

7月15日~8月15日は夏休み特別企画として、さらに5か所の小型水槽コーナーを開設。それらを巡るクイズスタンプラリーが行われます。

7~9月には子ども向け講座(要事前予約)もあります。詳細は公式サイトでご確認ください。

日時 2019年7月15日(月・祝)~12月30日(月) 7~14時
※10月16日(水)、11月20日(水)は休館
場所 函館朝市えきに市場 活いか釣堀ひろば
料金 見学無料
問い合わせ 事務局0138-86-7602(平日10~17時)

続きを見る
子どもと一緒の函館の旅、暑い日には水遊びがおすすめです。函館と近郊の2019年海水浴場情報と、手軽なプールや水遊びスポットの情報をお届けします。

【函館市内中心エリア】
 7月25日(木)~8月18日(日) 10:00~16:00
 通年(8月20、21日休み) 10:00~21:00
 5~10月 9:30~18:00
 7月19日(金)~8月18日(日)(7月24、8月8、13日は休み) 10:00~16:00
 通年
 4~11月(7~8月は9:00~18:30)


38a.jpg
【函館市の郊外・函館近郊】
椴法華 水無海浜温泉(写真。函館市)
 通年(入浴可能時間
七重浜海浜公園(北斗市)
 7月20日(土)~8月18日(日)(8月13日は休み) 10:00~16:00
海峡横綱ビーチ(福島町)
 7月20日(土)~8月18日(日) 10:00~16:00
 7月21日(日)~ 9:00~16:30
 通年 10:00~19:00(18時受付終了)

続きを見る
1879(明治12)年の創業以来、変わらぬ味を今に伝える函館の老舗レストラン・五島軒で、伝統の味「五島軒のカレー」を気軽に味わえるカレービュッフェが実施されます。

ビーフ中辛のイギリス風カレー、ビーフ甘口のフランス風カレー、チキン辛口のインド風カレーのほか、人気メニューが60分食べ放題で楽しめます。

期間 2019年8月1日(木)、10(土)~18日(日)
時間 60分食べ放題。ランチ12:00~14:30(ラストオーダー)、ディナー17:30~20:00(ラストオーダー) ※8月18日はランチのみ
料金 大人2500円、小学生1200円、幼児600円、3歳以下無料
メニュー イギリス風カレー、フランス風カレー、インド風カレー、ハヤシライス、豚ロース肉のスティックカツ、五島軒伝統のスイートコーンポタージュスープ、野菜サラダ、デザート、コーヒーなど
場所 五島軒本店(函館市末広町4-5)
問い合わせ 五島軒0138-23-1106

函館の南西部、松前矢越道立自然公園の海を、小型船でめぐるクルーズが人気を集めています。

知内町から福島町の矢越海岸沿いをまわる「矢越クルーズ」に続き、福島町から出航し、秘境・岩部海岸を周遊する「岩部クルーズ」が、2019年6月から運航を開始しました。

福島町岩部漁港から矢越岬までの海を、海底が見える「グラスボート」で約90分でまわる航路では、圧倒的な大自然の風景や歴史が生んだ奇岩、透き通った海、神秘的な青の洞窟などの絶景が見られます。

運航期間 6~10月
営業時間 運航日の9~15時ごろ(予約制)
料金 大人3000円、小人1500円
問い合わせ 福島町まちづくり工房0139-46-7822
(写真提供/福島町産業課)

函館港で行われる夏の花火大会を、船の上から楽しむ企画をご紹介します。

遊覧船Bluemoon(ブルームーン)に乗って、ブッフェスタイル(フリードリンク)のディナーを楽しみながら、函館港内の海上から花火を眺めるスペシャルプラン。海から眺める街の夜景も素敵です。
日程 2019年7月14日(日)函館港花火大会、8月1日(木)函館港まつり花火大会
乗船場所 ブルームーン遊覧船のりば
時間 乗船18時45分、出港19時00分、帰港21時30分(予定)
定員 80名(全席指定)
料金 7月14日(日)中学生以上10500円、小学生5000円、8月1日(木)中学生以上12000円、小学生6000円
申込方法 電話予約後、乗船日3日前までにのりばでチケットを購入
予約・問い合わせ 函館ベイクルーズ・ブルームーン事業部 0138-26-6161


170707G12.jpg
摩周丸のコンパス甲板から見た花火(提供/青函連絡船記念館摩周丸)

函館港の岸壁に係留されている青函連絡船記念館摩周丸が、花火大会に合わせて夜間の特別開館を実施。
船内やコンパス甲板から、目の前に上がる迫力の花火を鑑賞できます。
日程 2019年7月14日(日)函館港花火大会、8月1日(木)函館港まつり花火大会
開館時間 19時~21時(18時に通常営業を終えて閉館したのち、19時に再開館)
入館料 一般500円、児童・生徒250円、未就学児は無料
※定員(500人)になると入館制限を行う場合があります
※コンパス甲板は立ち見です(イス、シート等使用禁止)
問い合わせ 函館市青函連絡船記念館摩周丸0138-27-2500


関連記事

元町公園の上にある国の重要文化財「旧函館区公会堂」は、2018年10月から2021年の春まで、保存修理工事のために休館中です。このたび、どのような修理をしているのかを広く共有するため、工事現場の見学会が行われます。

歴史的な建造物に興味のあるかた、函館でひと味違う体験をしたいかたなど、どなたでも参加できます。

関連記事


日時 2019年7月31日(水)15時~(所要時間20分程度)
集合場所 旧函館区公会堂正門前(函館市元町11-3 元町公園上)
定員 80名 ※小学生高学年以上
参加方法 当日14時40分から受付(先着順・整理券配布)
問い合わせ 函館市教育委員会生涯学習部文化財課0138-21-3456

(参考)旧函館区公会堂の360度動画
工事前の館内を、360度カメラで撮影したものです。
・スマートフォンでは、本体を上下左右に動かすか、画面をドラッグ
・パソコンでは、左上のカーソルをクリックするか、画面をドラッグ
上下左右の映像を自由に見ることができます。

続きを見る
湯の川温泉の守り神として、広く親しまれている湯倉神社を中心に、湯の川温泉エリア全体で「夏詣(なつもうで)」のさまざまなイベントが企画されています。

夏詣とは、正月の「初詣」から半年を経て、後半の半年の平穏を願って、7月1日以降にも神社仏閣を詣でる習慣をいいます。函館きっての温泉街で、マルシェ、ビアガーデン、ライブなどに参加して夏を楽しみませんか。

期間 2019年6月22日(土)~8月17日(土)
場所 湯倉神社など(湯の川温泉エリア全体)
主なイベント 
7月7日(日)千勝祭(湯川銀座通り)
7月14日(日)YUKURAマルシェ
7月20日(土)、21日(日)夏詣NIGHTはこだて湯の川温泉
7月27日(土)、28日(日)湯川商店街ビアガーデン
8月17日(土)函館湯の川温泉花火大会・献湯祭、YUKURAアフターヌーンマーケット
問い合わせ 湯倉神社 0138-57-8282

続きを見る
函館の七夕は、子どもたちが街を巡りながら歌を歌ってお菓子をもらう「ろうそくもらい」でにぎやかです。

元々、近所の家などで行われていたものを、市内の商業施設でもお菓子のプレゼントを行うところが続々。旅行中でも、この風習を気軽に体験できるところをご紹介します。

ちなみに、「ろうそくもらい」の歌は
♪竹に短冊七夕祭り 大いに祝おう ローソク1本ちょうだいな♪
というもの。地元の子どもの歌声に耳を傾けて、ぜひ参加してみましょう。下のほうで動画も紹介していますので、ご参考に。

(写真提供/五稜郭タワー)

◆2019年7月7日(日) お菓子の配布のある主な施設 ※なくなり次第終了

五稜郭タワー 16~19時 1階 エントランスホール特設コーナー
7月1日(日)~7日(土)は短冊願い事コーナー、パネル展も

無印良品シエスタハコダテ 15~20時 2階木育広場

キラリス函館 4階はこだてキッズプラザ 来場した子ども対象(入館料子ども300円、大人100円)

道南食品 17~20時 事務所前 

続きを見る
ふだん自転車では通行できない函館山登山道を、特別に車両通行止めにして、自転車で登ろう!というイベントが行われます。行きは自転車で登頂、帰りはなんと、自転車と一緒にロープウェイで下山というのが面白いところです。

参加者も応援者も、山頂の絶景とともにイベントをお楽しみください。

開催日 2019年9月8日(日)8時45分開会式
集合場所 緑の島北側広場
募集定員 200名
参加料 一般2000円(ロープウェイ下山料金、傷害保険料含む)
参加資格 小学生以上の健康な男女(未成年者は保護者の承諾が必要)
締め切り 8月23日(金)17時
申し込み先 函館サイクリング協会、およびポスターのある自転車店
問い合わせ 函館サイクリング協会haca.info@gmail.com

※なお、大会開催にともない、バス・タクシーを含む自動車の函館山登山道の通行、および、山頂駐車場の駐車はできません(規制時間は後日お知らせします)。

函館市内の飲食店を中心に提供されている、ご当地ドリンク「函館ガラビー」が話題になっています。

函館ガラビーとは、北海道限定のドリンクとして人気のあるオバラのコアップガラナと生ビールを4:6で割ったビアカクテル。生ビールより苦みが少なくさっぱりして、少し甘めの味わいです。

7月13日には、五稜郭タワーアトリウムで無料の大試飲会が開かれます。主要ビール会社4社に加え、函館の隣町・七飯町の地ビール「大沼ビール」が登場して、代表銘柄とコアップガラナの組み合わせが楽しめます。気になるかたはぜひチェックしてみてください。

日時 2019年7月13日(土)13~15時
会場 五稜郭タワーアトリウム
問い合わせ 函館ガラビー協会 0138-53-1146(函館海鮮居酒屋魚まさ五稜郭総本店内)

続きを見る