トップに戻る
おすすめ情報一覧
函館市の史跡大船遺跡史跡垣ノ島遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」は、2021年7月27日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録が決定しました。

史跡大船遺跡は、国の史跡に指定された縄文時代中期の大規模な集落跡。史跡垣ノ島遺跡は、国内最大級の盛土遺構を持ち、異形土器などが出土した集落遺跡です。世界遺産登録で注目の集まる縄文の里を訪ねてみませんか。

関連記事

世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産のひとつ、函館市の史跡垣ノ島遺跡がいよいよ公開に。

豊かな自然や当時の地形を活かした整備が行われ、縄文時代とほぼ変わらない姿で現在まで良好に残されている国内最大級の「盛り土遺構」や「竪穴建物跡」などの見学が可能。そのほか、発掘調査や土器焼きの体験をしたり、遺跡の解説を受けたりできます。

世界遺産で注目の集まる縄文世界を、垣ノ島遺跡で体感しませんか。

公開日 2021年7月28日(水)
オープニングセレモニー10時30分、終了後に一般公開(詳細
(オープン前の遺跡への立ち入りはご遠慮ください)
見学可能時間 9時~17時(6~10月)、9~16時(11月)
所在地 函館市臼尻町416番地4ほか(函館市縄文文化交流センターに隣接。駐車場横の入口ゲートから入場可)
問い合わせ 函館市教育委員会生涯学習部文化財課 0138-21-3472、函館市縄文文化交流センター 0138-25-2030

続きを見る
世界遺産登録で話題になっている「北海道・北東北の縄文遺跡群」のうち、北海道内の遺跡などを巡る「北の縄文スタンプラリー」が始まりました。

函館市の垣ノ島遺跡・大船遺跡をはじめとする北海道内の構成資産・関連資産(各遺跡の展示施設を含む)と、各地の博物館・郷土資料館など計30カ所が対象です。集めたスタンプの数に応じて、各地域の特産品などが当たる抽選に応募できます。期間中は、各施設で来場者にオリジナルミュージアムカードを配布します。

開催期間 2021年7月17日(土)~2021年9月30日(木)
スタンプ設置施設 公式サイトで紹介(函館市は垣ノ島遺跡大船遺跡市立函館博物館函館市縄文文化交流センター
参加方法 各施設等で配布の台紙にスタンプを押印し、郵送で応募する
問い合わせ 北海道環境生活部文化局文化振興課縄文世界遺産推進室011-204-5168

続きを見る
世界文化遺産への登録でこの夏話題の「北海道・北東北の縄文遺跡群」。その魅力を紹介する旅行ガイドブック『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』が発売されます。

「北海道・北東北の縄文遺跡群」を構成する17遺跡について、地元学芸員のおすすめポイントや、出土品が展示されている博物館・資料館の紹介、遺跡や展示施設でできる体験などの情報を収録。合わせて、遺跡周辺の見どころや、地域に関わるコラムも掲載されています。

北海道・青森県・岩手県・秋田県と、広範囲にわたる遺跡群を楽しむ周遊ルートや交通アクセス情報、パッケージツアーなども紹介。「遺跡群巡り」に役立つ一冊です。

体裁 A5判176ページ
発売日 2021年7月21日
購入方法 全国の主要書店で販売
定価 1430円
発行元・問い合わせ 昭文社 問い合わせフォーム

続きを見る
函館のビアガーデンは、ビール片手にジンギスカンが定番。風を感じながら飲んだり食べたりできるのは、北海道ならではです。

函館のビアホールと、2021年の期間限定ビアガーデン情報をお届けします(随時更新)

◆ビアホール
函館ビヤホール (末広町14-12)0138-27-1010
はこだてビール (大手町5-22)0138-23-8000

◆ジンギスカンの店

◆ビアガーデン、オープンテラス
4月24日(土)~9月末 17~22時
ジンギスカン食べ放題+飲み放題(2時間)4400円
市電「五稜郭公園前」電停から徒歩5分
問い合わせ ホテルテトラ0138-55-1818

7月1日(木)~8月31日(火) 16~20時(変更の可能性あり。雨天時中止。最新情報は上のリンク先参照)
函館空港国内線ターミナル3階 HakoDake HaLLにて
ジンギスカン(野菜つき)1350円、週末限定海鮮焼きあり
問い合わせ 函館空港ビルデング 0138-57-8881
予約先 HAKOYA(函館空港内) 0138-57-1505

7月3日(土)~8月15日(日)の金土日祝 12~21時
BBQボンナターレスペシャルセット(七飯町産牛リブロース、八雲豚ロース、知床鶏、シーフード、野菜盛)3980円
フリードリンク(2時間)1980円、単品ドリンクあり
※シーサイドテラス貸切のプレミアムBBQもあり イタリアン前菜盛り合わせ&BBQセット+フリードリンク(2時間)6000円
市電「十字街」電停から徒歩6分
問い合わせ リストランテ ボンナターレ0120-92-6929 buonnatale@gstyle.jp

ランチ:7月3日(土)・4日(日)・10日(土)・31日(土)、8月8日(日)11時半~14時半
ディナー: 7月3日(土)・10日(土)・18日(日)・24日(土)・30日(金)・31日(土)、8月1日(日)・6日(金)~8日(日)17時半~20時半
(ともに前日までの事前予約制)
BBQコース(前菜盛合せ・八雲ポークの炭火焼き)3300円(ドリンク別)
市電「十字街」電停から徒歩15分
問い合わせ センティール・ラ・セゾン函館山 0120-961-668 wedding@sentir-hakodate.com

7月17日(土) 11~19時
はこだてビール、大沼ビール、Endeavour(おとべビール)、おぐに牧場 和牛堂など
JR「新函館北斗」駅から徒歩すぐ、北斗市観光交流センター別館「ほっくる」前屋外イベント広場
問い合わせ 北斗市観光協会 0138-77-5011

7月22日(木祝)~25日(日)、7月31日(土)~8月1日(日)11:00~17:00/8月7日(土)~8日(日)11:00~21:00/8月9日(月振休)11:00~17:00
7月22日~25日「提灯横丁(居酒屋フェス)」、7月31日~8月1日「港町函館カレーフェス&肉フェス」、8月7日~9日「函館うまいもん祭り」
市電「松風町」電停から徒歩3分

【終了】五稜郭まちなかオープンテラス *チラシあり
7月24日(土)・25日(日)
市電「五稜郭公園前」電停から徒歩すぐ 本町交差点周辺
問い合わせ 五稜郭まちなかオープンテラス実行委員会 0138-35-4000

続きを見る
函館市は、休暇を楽しみながらテレワークなどで仕事もする「ワーケーション」のモニターツアー参加者を募集します。

モニターツアーは羽田空港発3泊4日、または6泊7日。北海道外の企業、または企業に勤めている人が対象で、旅行代金の一部を函館市が負担します。出発前に、JTBの「函館市ワーケーションコンシェルジュ」が、函館での過ごし方・体験プランの提案・企業視察やビジネスマッチングなどを個別にコーディネート。滞在中は、市内のコワーキングスペースで仕事ができます。

出発日 2021年8月24日(火)~9月21日(火)
出発地 羽田空港
旅行代金 3泊4日:29000円~58000円、6泊7日:51000円~105000円(函館市負担分を差し引いた支払い実額)
問い合わせ JTB北海道事業部011-271-7024(月~金9:30~17:30。土日祝除く)

続きを見る
JR函館駅の中に隠された「鉄道にまつわるクイズ」にチャレンジする「函館駅クイズ・キーワードラリー」が、ロングランで開催中です。

「普段何げなく利用している駅を、ちょっとした時間を利用して楽しんでもらえたら」と、JR北海道が企画しました。函館駅の駅員が考案したクイズに答えてキーワードを完成させると、駅ナカショップ「北海道四季彩館」で鉄道にちなんだオリジナルグッズをプレゼント。

専用チラシには、記念乗車券を買って列車を見学したり、エキナカでグルメや買い物を楽しむ情報も掲載されています。

開催期間 2021年7月10日(土)~9月30日(木)
場所 JR函館駅(改札内を含む)
参加方法 駅の中に隠されたクイズ5問を解いて、キーワードを回答(函館駅で配布する専用チラシの裏面がクイズラリー用紙)
参加費 参加無料。ただし、改札内に入場する入場券または乗車券などが必要

北海道では19市町に設置されているポケモンマンホール「ポケふた」北海道だいすき発見隊の隊長「アローラロコン」や副隊長「ロコン」などのポケットモンスターが描かれており、1枚ずつ図柄が違います。

みなみ北海道では森町と上ノ国町にありますが、ついに2021年7月15日、函館にも登場! 場所は、日本最古の観覧車などで知られる函館公園です。

設置されているのは、市電「青柳町」電停から函館公園に向かい、正面入り口を左手に進んで白川橋(太鼓橋)を渡り、左に少し坂を下りたところ(マップ)。旧函館博物館二号の近くになります。

関連記事

続きを見る
「函館旅行で何をしよう」「おすすめの体験メニューが知りたい」という声におこたえして、函館でできるご当地体験を集めたリーフレットが配布されています。

街歩き、アウトドア、手作りなど、多彩なアクティビティを60メニュー掲載。総合窓口があるので、問い合わせも気軽にできます。

配布場所 函館市観光案内所(JR函館駅構内)、函館市地域交流まちづくりセンター、市内宿泊施設
問い合わせ・申し込み 体験予約センター(ツアーライフサービス函館支店・函館元町ホテル内)0138-85-8686

おもな内容詳細PDF
・ガイディングプラン(王道の元町、五稜郭、函館山要塞、ロケ地など)
・アウトドア体験(函館山裏クルーズ、イカ釣り、カヌー川下りなど)
・手作り体験(ステンドグラス、タイルクラフト、フラワーリースなど)
・食体験(焼きピロシキ作り、いか飯作り、松前漬け作りなど)
・自然体験(青の洞窟・岩部海岸クルーズ、ワカサギ釣りなど)
・その他(人力車、キックスクーター、タクシーナイトクルーズなど)

続きを見る
函館市の中心部からのアクセスがよく、人気の温泉地として知られる湯の川温泉や、JR函館駅近くの一部宿泊施設では、宿泊客が利用するお風呂を一般でも手軽に楽しめる日帰り入浴と、自慢の食事がセットになったプランを提供しているところがあります。

旅の途中に立ち寄り、温泉に浸かって疲れをとり、美味しい食事を楽しんで、元気をチャージしませんか?


【湯の川温泉エリア】
湯の浜ホテル *チラシあり
ランチ+温泉+客室休憩 大人4000円、子ども(小学生まで)2000円
夕食バイキング+温泉+客室休憩 大人3900円、子ども(小学生まで)1950円
通年

KKRはこだて
昼食+温泉 大人2700円から
通年

温泉+夕食 大人6600円から、子ども2750円
通年

夕食バイキング+日帰り温泉 大人3300円
2021年内の平日(年末年始を除く)

【函館駅前エリア】
温泉+朝食ビュッフェ 大人3300円、小人1650円、幼児無料
通年 ※ゴールデンウィーク、お盆、年末年始など宿泊多忙日除く

デイユース(朝食+温泉+客室休憩) 大人1名6250円~(小学生は大人と同料金。幼児は無料)
通年

※各料金・プラン等は、今後改定される可能性があります

続きを見る