トップに戻る
おすすめ情報一覧
函館山展望台への主要アクセス方法である函館山ロープウェイは、法定整備点検のため、例年、秋に運休となります。2022は、前年同様メインロープの交換工事を行うため、9月25日~11月13日の長期運休になります。

2022年9月25日(日)~11月13日(日) 50日間
問い合わせ 函館山ロープウェイ0138-23-6288


ロープウェイ運休期間中の函館山へのアクセス

・函館バスの函館山登山バス(函館駅始発)、函館山山頂行臨時バス(函館山ロープウェイ山麓駅近く始発)
料金 大人400円、小人200円
問い合わせ 函館バス0138-22-8111

続きを見る
函館市内に54年ぶりにできる酒蔵「五稜乃蔵(ごりょうのくら)」が、2021年11月に完成しました。

五稜乃蔵は、上川大雪酒造(北海道上川町)が北海道内に構える3つ目の酒蔵。湯の川温泉街から車で15分ほどの学校の跡地に建てられ、函館高専と連携しながら「函館の地酒」を生み出していきます。

1500リットルの醸造タンク8基を備え、地元の酒米と水で日本酒の通年醸造を行う予定。ショップも併設されます。12月中に地元の米と水で酒の仕込みを始め、2022年1月には新酒の販売が始まる見込みです。

五稜乃蔵
所在地 函館市亀尾町28
問い合わせ 函館五稜乃蔵 0138-84-5177

函館近郊の大沼国定公園では、冬の間ワカサギ釣りができます。湖が氷結する前の12月中は桟橋から、1月上旬~3月中旬は氷上で。手ぶらで行って楽しめる施設が多いので、ぜひチャレンジを!

※釣ったワカサギは、施設によって別料金で唐揚げに対応してもらえます

※函館から大沼(大沼公園)へは、JR特急で約30分/車で約40分(詳細

※ワカサギ釣りレポートはこちら から揚げ体験はこちら 氷上アクティビティはこちら


大沼合同遊船アイスパークスノーマン)0138-67-2229
・桟橋ワカサギ釣り(前日までの完全予約制) 2021年12月1日から 9:00~15:00 90分制
・氷上ワカサギ釣り 2022年1月2日から(予定)
・ワカサギ天ぷら調理 一皿500円
JR大沼公園駅から徒歩5分
釣り具+えさで大人1600円、小中学生1300円(遊漁料込み)

釣り堀 太公園090-2810-7347(川村)
・桟橋ワカサギ釣り 2021年12月10日から(予定)
・氷上(天然)ワカサギ釣り 1月初旬から(予定)
・ワカサギ唐揚げ体験 250gまで500円
JR大沼公園駅から徒歩10分(送迎可) 受付9:00~14:30
桟橋:大人・小人とも1500円(遊漁料込み。2時間制)、氷上:遊漁料+用具大人1100円・小人800円

・氷上ワカサギ釣り 2022年1月5日~3月23日(予定) 8:00~16:00(入場7:45~)
JR大沼公園駅から車で10分
貸し竿+えさ500円。遊漁料大人600円、中学生以下300円、幼児無料

東大沼キャンプ場大沼漁業協同組合)080-4501-5694
・氷上ワカサギ釣り 2022年1月中旬~3月中旬(予定) 7:00~16:00
JR銚子口駅から徒歩5分 
遊漁料大人600円、子供300円。レンタル竿セット600円(土日のみ) ※2021年の料金

※営業時間等は、天候などにより変更になる可能性があります。ご利用の際は各施設にご確認ください

続きを見る
北海道在住の漫画家・加藤えりこさんが、KADOKAWA発行のコミック誌「ASUKA」で、函館を舞台にした漫画「こはるの空とアニマルライフ」の連載をスタートしました。

母親を亡くした少年・小野小陽(おのこはる)が、動物の声が聞こえる義兄の佐伯真樹(さえきまき)と一緒に暮らし、たくさんの動物たちと触れ合いながら成長していく物語「こはる日和とアニマルボイス」の続編です。真樹の影響で獣医師を目指し、紆余曲折を経て獣医師になった小陽が、函館の街で奮闘する姿を描きます。前作でも数多く描かれた函館の名所や美しい街並みを、ストーリーと合わせてお楽しみください。

連載スタートとなる「ASUKA」2022年1月号の表紙は、函館港の人工島「緑の島」を背景に小陽と真樹、動物たちを描いた図柄となっています。

「こはるの空とアニマルライフ」
加藤えりこ
掲載誌 コミック誌「ASUKA」
2022年1月号(2021年11月24日発売、北海道内は26日頃販売)から連載開始
発売日 奇数月24日発売
発行 KADOKAWA

続きを見る
クリスマスシーズンを迎え、五稜郭タワーにサンタクロースが出現!

よく見ると、塔体を登ってネック部分に手をかけ、中に入ろうとしているよう。近くに行ったら見上げて探してみてください。展望1階のシースルーフロアで、近くから見ることができます(ネック部分には入場できません)。

期間 2021年11月20日(土)~12月25日(土)
問い合わせ 五稜郭タワー0138-51-4785
(撮影/記者MT)

函館市は、休暇を楽しみながらテレワークなどで仕事もする「ワーケーション」のモニターツアー参加者を募集します。

モニターツアーは羽田空港発4泊5日、または6泊7日。北海道外の企業、または企業に属している人が対象で、旅行代金の一部を函館市が負担します。1日目オリエンテーションイベント、最終日の意見交換会への参加と、アンケートへの回答などが条件。滞在中は、市内のコワーキングスペースで仕事ができます。

出発日 【4泊5日】2022年1月20日(木)、2月17日(木) 【6泊7日】1月20(木)、1月27日(木)、2月17日(木)
出発地 羽田空港
旅行代金 4泊5日:34000円~70000円、6泊7日:47000円~59000円(函館市負担分を差し引いた支払い実額)
※往復航空券、宿泊代、食事代、指定のコワーキングスペース利用料、市電バス共通乗車券、はこだてマルとくスペシャルチケットほか
定員 各日程10人
申込締切日 各出発日の3週間前
問い合わせ JTB北海道事業部011-271-7024(月~金9:30~17:30。土日祝除く)

続きを見る
JALが提案する旅の楽しみ方を集めたwebマガジン、「OnTrip JAL」。JALならではの目線で厳選した観光情報や、知っておくと便利な旅のコツなどが紹介されています。

ただ今、函館特集の「HAKODATE LOCAL ESSENCE」を掲載中。第1回の「函館のオールドカフェ」では、レトロな街並みを味わい尽くす古建築カフェや、寄り道のお楽しみが紹介されています。

魅力的な観光スポットだけでなく、もっと身近なモノ・コトに注目したコーナーにご注目ください。

OnTrip JAL「HAKODATE LOCAL ESSENCE」

続きを見る
11月21日、函館で2021~2022年冬の初雪を観測しました。

これは平年(11月1日)より20日遅く、昨年(11月4日)より17日遅い観測。この雪はすぐにとけましたが、今後降ったりとけたりを繰り返し、例年では1~3月に根雪(降り積もった雪がとけずに残った状態)になります(詳細)。
直近の気温や積雪深(積もった雪の深さ)などの情報はこちら

気象庁による向こう3カ月の天候の見通しでは、平均気温は平年並か高めの見込み。降雪量は平年より少なめの予想です。

(2021年11月26日朝の大森浜。函館山もほんのり白くもこもこに)

江戸時代のニシン漁や北前船交易で栄えた江差町をはじめ、個性的な町がそろう檜山(ひやま)地方。

エリア内の参加宿泊施設の利用者で、アンケートに回答したかたの中から、抽選で300名に管内の宿泊券や特産品をプレゼントするキャンペーンが実施されています。

函館から足をのばして、みなみ北海道の魅力をじっくり味わいませんか。

期間 2021年11月20日(土)~2022年2月28日(月)
※新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、中断・休止する場合があります
対象 檜山地方7町(江差・上ノ国・厚沢部・乙部・奥尻・今金・せたな)のキャンペーン参加施設に宿泊し、アンケートに回答されたかた
参加宿泊施設 こちらの27施設
賞品 こちらのペア宿泊券や特産品を抽選で300名にプレゼント
問い合わせ 檜山振興局産業振興部商工労働観光課 0139-52-6642

函館港イルミナシオン映画祭が生んだ、オール函館ロケ映画「自宅警備員と家事妖精」が11月20日に劇場公開されました。

2019年のシナリオ大賞で審査員特別賞の荒俣宏賞を受賞した作品を、2020年9月に函館市内で撮影。遺愛学院旧宣教師館(通称・ホワイトハウス)旧松橋商店(港の庵)など、趣のある函館の歴史的建造物を舞台に、自宅警備員(ひきこもり)の男性と、洋館に古くから住み着く家事妖精がファンタジーを紡ぎ出します。主演は、「カメラを止めるな!」の大沢真一郎と、「菊とギロチン」の木竜麻生。

東京・K\'s cinema、北海道・シネマ太陽函館ほか、全国で順次公開中⇒上映劇場情報

旧宣教師館は明治41年に建てられたアメリカンスタイルの洋館で、国指定重要文化財。映画やミュージックビデオ(西野カナ「君って」など)の舞台にもなった、エレガントな建物の魅力が満喫できます。

関連記事

続きを見る