トップに戻る
おすすめ情報一覧
函館市では8月8日から大雨の影響が出ています。、大雨警報が断続的に発令されているので、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水にご注意ください。

8月10日(水)に予定され、悪天候のため8月11日(木)に順延されていた湯の川温泉花火大会は、さらに8月12日(金)に順延となっています。


市内の一部道路に通行止めの箇所があります。

JR北海道では、特急北斗など一部列車に運休・遅延が発生しています。

函館バスでは、悪天候や道路の通行止め実施等により、一部路線に運休が発生しています。

函館市電は通常どおり運行しています。

特に雨が激しく降った湯の川温泉エリアでは、一部宿泊施設で休館などの影響が出ています。
宿泊をご予定のかたは、各宿泊施設にお問い合わせください。

続きを見る
600円で函館市電が一日中乗り放題になる「市電1日乗車券」。このたび、人気アニメ「ポケットモンスター」のキャラクターがデザインされた、期間限定バージョンが販売されています。

北海道だいすき発見隊の隊長「アローラロコン」が小児券\'(300円)、副隊長「ロコン」が大人券(600円)に。表面にペンで使用する年月日を記入すれば、市電1日乗車券として使用できて、使用後も持ち帰ることができます。

市内には、函館公園にアローラロコンとトゲキッスがデザインされたポケモンマンホール「ポケふた」が設置されています。函館旅行の際は、ぜひポケモン市電1日乗車券をゲットして、ポケふたを探してみてください。

販売期間 2022年8月6日(土)~2023年3月31日(金) ※完売時点で販売終了
価格 大人券600円、小児券300円
販売枚数 大人券・小児券各5000枚
販売場所 
函館市企業局交通部駒場乗車券販売所(函館市電駒場車庫
函館市観光案内所 (JR函館駅内)
函館バス函館駅前案内所
※通信販売・現金書留等での販売はなし
問い合わせ 函館市企業局交通部事業課 0138-32-1730

続きを見る
キャンペーンに参加する北海道の第三者認証店で利用できる食事券、ほっかいどう認証店応援クーポンが販売されています。

1冊4000円で5000円分使える、25%のプレミアム付き。旅先での食事を少しぜいたくにするのにもおすすめです。

販売期間
紙クーポン 2022年8月1日(月)~11月30日(水)
電子クーポン 2022年8月19日(金)~11月30日(水)
※完売した場合は、その時点で終了
利用期間
紙クーポン 2022年8月1日(月)~2023年1月31日(火)
電子クーポン 2022年8月19日(月)~2023年1月31日(火)
販売価格 1冊4000円
発行単位 1冊5000円(紙クーポンは500円券×10枚)
購入可能冊数 原則1回の購入につき、1人2冊まで
販売方法
紙クーポン 北海道内の郵便局の窓口で販売(詳細
電子クーポン 専用webサイトで申し込み
利用対象店舗 キャンペーンに参加する第三者認証店(詳細)※道南エリア・函館市で検索
問い合わせ ほっかいどう認証店応援キャンペーン事務局 011-350-5701(平日9~18時 (土・日・祝・年末年始を除く)

続きを見る
函館のビアガーデンは、ビール片手にジンギスカンやBBQが定番。風を感じながら飲んだり食べたりできるのは、北海道ならではです。

函館のビアホールと、2022年の期間限定ビアガーデン情報をお届けします。

◆ビアホール
函館ビヤホール (末広町14-12)0138-27-1010
はこだてビール (大手町5-22)0138-23-8000

◆ジンギスカンの店

◆クラフトビールの店
Endeavour (湯川町1丁目26-24)0138-84-6955
ozigi (末広町16-13)0138-24-2021

◆ビアガーデン、オープンテラス
4月22日(金)~9月30日(金)
12:00~17:00 前日までに要予約
17:00~21:30(LO) 予約推奨
ジンギスカン食べ放題+飲み放題(2時間)5500円、単品メニューあり
市電「五稜郭公園前」電停から徒歩5分
問い合わせ ホテルテトラ0138-55-1818

7月1日(金)~8月28日(日)金土日祝限定
※結婚式や貸切営業がある場合は休み
11:30~15:00(LO14:00)、16:00~22:00(LO21:00) 要予約
北海道産食材をふんだんに使ったBBQセット3500円、フリードリンク(90分)1500円、単品ドリンクあり
そのほか、シーサイドテラス貸切のプレミアムBBQもあり。イタリアン前菜盛り合わせ&BBQセット+フリードリンク(2時間)7000円
市電「十字街」電停から徒歩6分
問い合わせ リストランテ ボンナターレ0120-92-6929 buonnatale@gstyle.jp

7月1日(金)~8月31日(水) 16:00~20:00(ラストオーダー19:30。悪天候時中止。最新情報は上のリンク先参照)
函館空港国内線ターミナル3階 HakoDake HaLLにて
ジンギスカン(野菜つき)1580円、金土日祝限定海鮮焼きあり
問い合わせ 函館空港ビルデング 0138-57-8881
予約先 HAKOYA(函館空港内) 0138-57-1505

7月14日(木)~9月10日(土)16:00~22:00(ラストオーダー21:30)土日祝は12:00~
海鮮+焼肉セット3500円、海鮮セット2000円、焼肉セット2000円、飲み放題(2時間)つきは1500円プラス
市電「五稜郭公園前駅」から徒歩3分
問い合わせ LC五稜郭ホテル別館 080-8041-8019

【終了】 はこだてダイナマイトサマーフェス2022 *チラシあり
7月16日(土)~7月24日(日) (土日祝)Bブロック10:00~22:00、A・Cブロック10:00~17:00 ※16日はBブロックのみ開催 (19~22日)Bブロック17:00~22:00
はこだてグリーンプラザA・B・Cブロックにて
飲食店やキッチンカーの出店、マルシェ、ステージイベントなど(詳細
市電「松風町」電停から徒歩3分
問い合わせ 運営事務局 0138-83-1699

7月23日(土)~7月24日(日) 23日11:00~21:00、24日11:00~18:00
JR(北海道新幹線)新函館北斗駅前イベント広場にて
地元クラフトビールのブルワリー4社、フード、雑貨、体験など
問い合わせ 北斗市観光協会 0138-77-5011

【終了】 はこだて港まつり 大門のまつり *チラシあり
8月1日(月)~4日(木) ビアパーク13:00~22:00、ミュージックフェスティバル18:00~
生ビール・カクテル、おつまみを販売
市電「松風町」電停から徒歩3分
問い合わせ 函館都心商店街振興組合 0138-23-6991

【終了】 はこだて国際民俗芸術祭 もぐもぐフェスティバル
8月5日(金)~7日(日) (5日)16:00~21:30 (6日・7日)14:00~21:30
国際色豊かな料理やドリンクを提供。入場にワンデイパス2000円などが必要。
問い合わせ先 一般社団法人ワールズ・ミート・ジャパン芸術祭事務局 0138-27-7081

【終了】 盆踊り 和のビアガーデン *チラシあり
8月6日(土)・8月7日(日) 11:00〜20:00
JR(北海道新幹線)新函館北斗駅前
盆踊り、ビアガーデンなど
問い合わせ 北斗まちの大学 080-6062-5141(高橋)

センティール・ラ・セゾン函館山 ガーデンテラスBBQ *チラシあり
8月13日(土) 第1部12:00~14:30、第2部17:30~20:00 ※各5組限定。予約は8月12日まで
前菜・魚・BBQ(道産牛サーロイン、スペアリブ、特製ソーセージ、ホタテ貝、野菜各種)・パン・デザート・ドリンクつき 10000円
市電「十字街」電停から徒歩15分
問い合わせ センティール・ラ・セゾン函館山 0120-961-668 wedding@sentir-hakodate.com

(以下、随時更新)

続きを見る
2021年7月にユネスコの世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」。その構成資産である函館の垣ノ島遺跡大船遺跡へのアクセスバスが、夏休み期間に運行されます。
⇒チラシPDF 

運行期間 2022年7月22日~8月27日の毎週金曜日・土曜日
支払い方法 現金、交通系ICカードで(各種一日乗車券や割引乗車券は使えません)
【1】函館市街地/縄文文化交流センター発シャトルバス
函館駅前・五稜郭・湯の川温泉・函館空港から、北海道唯一の国宝「中空土偶」を展示する函館市縄文文化交流センターにアクセス
所要時間 約1時間
料金 大人500円、小児250円
【2】循環バス
函館市縄文文化交流センター発着、大船遺跡や、南茅部地区の食事エリアを巡回
1巡回所要時間 20~約30分
料金 1乗車大人200円、小児100円
※実証運行のため、乗車時にアンケートへのご協力をお願いします。
問い合わせ 函館バス函館営業所 0138-51-3137

続きを見る
函館市内の人気観光スポットをめぐる、おすすめ定期観光バスをご紹介します。

発着は函館駅前(午前コースはラビスタ函館ベイ、函館国際ホテルから乗車も可)。バスガイドが乗車して3つのスポットをめぐります。、五稜郭タワーで展望台から特別史跡五稜郭の眺望を楽しみ、トラピスチヌ修道院で敷地内を見学、函館牛乳あいす118で牛を眺めながら北海道気分を満喫。運転や乗り換えなどの心配なしで、らくらく観光を楽しむことができます。

運行日 2022年8月1日(月)~10月31日(月)の予定
運行コース 午前、午後各1コース 要乗車前予約(当日もOK)
立ち寄り場所・滞在時間 五稜郭タワー(約50分)、トラピスチヌ修道院(約30分)、函館牛乳あいす118(約25分) ※詳細はPDF参照
所要時間 3時間15分~30分
乗車料金 大人3000円、小人2000円(五稜郭タワー展望台入場料金大人900円など、函館牛乳あいす118の牛乳コロッケ1個または牛乳1杯プレゼント含む)
問い合わせ・予約 函館バス駅前案内所0138ー22ー3265(平日7:00~17:30)

続きを見る
ゴルフ場で見られるような低速電動カート「グリーンスローモビリティ」。坂の多い函館での観光や生活の足をサポートする「ハコダテグリスロ」がテスト運行されます。運賃無料(アンケート調査にご協力ください)。

8月6日~9月4日が函館山のふもとの西部地区、9月10日~9月25日が縄文遺跡のある南茅部地区で運行。風を受けながら、坂道をらくらく上り下りするのは爽快です。

車両の定員は7名(運転手を除いて6名まで)。経路内で手を挙げて合図をして乗り込み、降りる場所付近で運転手に知らせれば、どこでも乗降できます。

【1】西部地区PDF
運行期間 2022年8月6日(土)~9月4日(日)
運行時間 9:30~16:00(最終便15:30出発) ⇒位置・運行情報
運行コース 詳細はこちら 
(木・土・日曜日運行 )末広町コース
(月・水曜日運行)大町コース(大町ルート、入舟町ルート)
(火・金曜日運行)どつく前コース(どつく前ルート、入舟町ルート)
【2】南茅部地区
運行期間 2022年9月10日(土)~9月25日(日) ⇒位置・運行情報
※縄文文化交流センターの休館日(9月12日・20日)は運休
運行コース 運行時間の詳細はこちら
(縄文文化交流センター⇔垣ノ島遺跡下バス停)
(縄文文化交流センター⇔大船遺跡)
問い合わせ 函館市企画部交通政策課 0138-21-3625

続きを見る
函館市は、休暇を楽しみながらテレワークなどで仕事もする「ワーケーション」のモニターツアー参加者を募集します。

モニターツアーは羽田空港発着3泊4日、または6泊7日。北海道外の企業、または企業に属している人が対象で、旅行代金の一部を函館市が負担します。1日目オリエンテーションイベント、最終日の意見交換会への参加と、アンケートへの回答などが条件。滞在中は、市内のコワーキングスペースで仕事ができます。

出発日 【3泊4日】2022年8月22日、9月11日、11月6日、11月10日、2023年2月23日 【6泊7日】2022年8月22日、9月11日、11月6日、2023年2月13日、2月20日
集合・解散地 函館空港
旅行代金 3泊4日:10300円~13250円、6泊7日:22800円~23750円(函館市負担分を差し引いた支払い実額)
※宿泊代、朝食(滞在中1食分)、指定のコワーキングスペース利用料、市電・バス共通乗車券(2日目~最終日)、オリエンテーションイベント・意見交換会参加料、オリエンテーション会場から宿泊施設までの移動、えらべる観光体験プログラム
申込締切日 各出発日の3週間前
問い合わせ JTB北海道事業部011-271-7024(月~金9:30~17:30。土日祝除く)

続きを見る
旅先にゆっくり滞在して、その街で暮らすように過ごす「ちょっと暮らし」。働きながら休暇をとるワーケーション、リフレッシュの長期休暇、退職後の楽しみなどとして、注目を集めています。

函館は、海の幸・山の幸に恵まれ、自然豊かな土地。特に市電の走る市街地は、徒歩や路面電車で買い物や散策など、どこでも気軽に行けるコンパクトさが魅力です。「地域ブランド調査」でも、市区町村の魅力度ランキングで、函館はベスト3の常連になっています。

長期間の滞在(6泊以上)に対応した18の宿泊施設をリストアップしました。「函館大好き!」「いつか函館に住みたい」というかた、必見。函館暮らしをプチ体験するのにおすすめです。

設定期間 2022年7月20日~2023年3月31日(施設により適用除外日あり)
総合問い合わせ 函館市企画部企画管理課 0138-21-3621
※宿泊に関する問い合わせは直接各施設へ

なお、移住全般の相談窓口は、函館市地域交流まちづくりセンターの移住サポートセンターへどうぞ(0138-22-9700)。


函館山展望台への主要アクセス方法である函館山ロープウェイは、法定整備点検のため、例年、秋に運休となります。2022年は、前年同様メインロープの交換工事を行うため、9月25日~11月13日の長期運休になります。

2022年9月25日(日)~11月13日(日) 50日間
問い合わせ 函館山ロープウェイ0138-23-6288


ロープウェイ運休期間中の函館山へのアクセス
※2021年の情報。2022年は変更になる可能性があります

・函館バスの函館山登山バス(函館駅始発)、函館山山頂行臨時バス(函館山ロープウェイ山麓駅近く始発)

・函館バスの函館山山頂行臨時バス(下記参照)

続きを見る