トップに戻る
おすすめ情報一覧
北海道の旬な情報、おすすめスポットなどを紹介する月刊総合情報誌「HO(ほ)」。例年、大型連休前に発売される6月号は、函館エリアにスポットを当てて、大特集が組まれます。

2022年は「函館ラビリンス」と題し、ほぼ1冊まるごと146ページにわたって、函館の新しい魅力を中心に、近郊の北斗市、七飯町なども紹介。春の函館旅の参考にどうぞ。

・まずはウワサの「大町改良住宅」へ
・十字街のアーケードが盛り上がってます
・大人の西部地区 そぞろあるき
・西部地区の宿 雪月花
・開港と国際交流の歴史を物語る
・時の連なりに迷い込む 老舗探訪
・海辺の特等席へ 六花亭 漁火通店
・地元っ子なりきり五稜郭
・ちょこっと来てるかも? 甘~いチョコレート旋風
・函館の「ムショーに気になる」を訪ねてみました
・函館に54年ぶりの酒蔵 地酒「五稜」が誕生
・やはり縄文はおさえておきたい
・縄文の里の温泉とランチが1000円「味の散歩道」 ほか

定価 A4変型判 660円
販売 北海道内の書店、コンビニエンスストアなどのほか、北海道外の主要書店などでも取扱中。ネット注文も可(送料・手数料無料)
問い合わせ ぶらんとマガジン社011-521-5559

函館のビアガーデンは、ビール片手にジンギスカンやBBQが定番。風を感じながら飲んだり食べたりできるのは、北海道ならではです。

函館のビアホールと、2022年の期間限定ビアガーデン情報をお届けします。

◆ビアホール
函館ビヤホール (末広町14-12)0138-27-1010
はこだてビール (大手町5-22)0138-23-8000

◆ジンギスカンの店

◆ビアガーデン、オープンテラス
ホテルテトラ 屋上ビアガーデン
4月22日(金)~ 
17:00~21:30(LO) 要予約
ジンギスカン食べ放題+飲み放題(2時間)5500円、単品メニューあり
市電「五稜郭公園前」電停から徒歩5分
問い合わせ ホテルテトラ0138-55-1818

4月29日(金)・30日(土)、5月3日(火)~8日(日)
11:30~15:00(LO14:00)、16:00~22:00(LO21:00) 要予約
北海道産食材をふんだんに使ったBBQセット3500円、フリードリンク(2時間)1980円、単品ドリンクあり
市電「十字街」電停から徒歩6分
問い合わせ リストランテ ボンナターレ0120-92-6929 buonnatale@gstyle.jp

(以下、随時更新)

続きを見る
函館市の東部に位置する恵山エリアは、つつじの名所。裾野のつつじ公園や前山がピンクの花で覆われる風景は圧巻です。

2022年は、当初の予想より少し遅くなり、5月18日ごろに開花、5月21~29日ごろに見ごろとの予想が発表されました。花いっぱいの初夏の恵山にぜひお出かけください。
⇒開花予想情報はこちら

関連記事
 恵山つつじまつり(函館イベントガイド)

(写真は過去シーズンのもの。函館市恵山支所撮影)

函館の街が一望できる函館山展望台。2022年4月11日11時から冬期の車両通行止めが解除になり、レンタカーやマイカーで夜景観賞に出かけられるようになりますが、4月25日からは混雑防止のため、登山道の交通規制がありますのでご注意ください。

下記の時間、バスやタクシー以外の車は通行禁止に。一般車は、函館山ロープウェイ山麓駅付近の駐車場に車を停めてロープウェイで上がるか、規制解除の時間以降にどうぞ。渋滞緩和のために、ご理解のほどお願いします。

2022年函館山登山道交通規制
4月25日(月)~9月30日(金) 17~22時
10月1日(土)~11月13日(日) 16~21時
一般車両は通行禁止
問い合わせ 函館市土木部公園河川管理課0138-21-3431

なお、11月14日(月)11時~、車両用登山道冬期通行止めになります。


七飯町の城岱牧場展望台と北斗市のきじひき高原展望台は、函館近郊ドライブにおすすめのスポット。春~秋に利用できます。

どちらも標高500メートルを超える高原にあり、函館山や市街地、函館湾と津軽海峡が一望できる好ロケーション。北海道新幹線高架橋の大カーブが見える名所となっているほか、「函館の裏夜景」呼ばれる、函館山から見る夜景とはひと味違った風景が楽しめます。また、夏から秋にかけては、津軽海峡に煌々と灯る真イカ漁の漁火や眼下に広がる雲海なども見ることができ、昼夜問わず絶景が楽しめるスポットとして知られています。


141010K05.jpg
冬期通行止め解除 2022年4月25日(月) 11月中旬から閉鎖予定
問い合わせ 七飯町役場 経済部土木課 0138-65-5795

冬期閉鎖解除 2022年4月23日(土) 11月7日(月)から閉鎖予定
※キャンプ場ゲートもオープン
ライブカメラ
問い合わせ  北斗市役所 観光課0138-73-3111

(上:城岱展望台より、下:きじひき高原より)

函館市内での宿泊をともなう旅行などが最大1泊10000円オフになるキャンペーン「はこだて割」。

新型コロナウイルス感のまん延防止等重点措置の解除にともない、3月22日からすべての地域を対象として新規予約・販売を再開(詳細)。実施期間は5月31日まで延長されています。

全国民を対象に、大型連休中も利用OKという見逃せない割引キャンペーン。春の函館旅に、ぜひご利用ください。

期間 2022年1月4日(火)チェックイン~5月31日(火)チェックアウト
※期間内でも、予算がなくなり次第、予約販売を終了することがあります
対象者 次のいずれかに該当する方
①ワクチン接種済の方(2回目の接種日から14日以上経過している場合)
②PCR検査等の検査結果が陰性の方(検体採取日から3日以内にチェックインする場合)
内容
対象宿泊施設の宿泊旅行商品(販売価格3000円以上)の半額以内を補助(最大1人1泊10000円、3連泊まで)
対象旅行業者の対象となる宿泊と交通費を含むパッケージ商品(販売価格10000円以上)は、1人1泊あたり定額5000円補助(3連泊まで)
問い合わせ 函館市観光誘客推進事業「はこだて割」事務局 0138-87-5454(平日9:30~17:30)※土日祝、振替休日、年末年始休業

続きを見る
北海道旅行の代金の1泊最大5000円助成+2000円のクーポン配布が受けられる「どうみん割」。

このたび、対象期間が5月末まで延長になりました(ゴールデンウィークを除く)。また、東北地方全体に対象が拡大されました。

春の花がいっせいに咲く5月、ぜひ函館の旅をお楽しみください。

対象 北海道民と東北地方の各県民の北海道内旅行(対象施設での宿泊、交通利用を伴う宿泊ツアー・日帰り旅行・アウトドア体験等)
・4月1日利用分から、ワーケーションとしての宿泊を追加
・4月1日利用分から、岩手県、宮城県 、秋田県 、山形県の各県民も対象に
・4月11日利用分から、青森県民も対象に
・5月9日利用分から、福島県民も対象に
利用条件 ワクチンの接種完了(北海道民は2回、他県民は3回)、またはPCR検査等の結果が陰性であること
割引額 1泊上限5000円(1回当たりの上限は5連泊)+2000円のほっかいどう応援クーポン配布
対象期間 2022年4月28日(木)利用分まで、5月9日(月)利用分から5月31日(火)利用分まで
予約・販売(延長分) 2022年4月22日(金)12時開始(福島県民は4月27日12時から)
問い合わせ どうみん割事務局 011-208-7002(10:00~17:00土日祝除く) jimukyoku@douminwari.com

利用のしかた
(1)対象事業者一覧から利用したい宿泊施設や旅行商品を探す
(2)各宿泊施設・旅行会社などで予約する(公式サイト、電話、窓口など)
(3)旅行時に北海道民であることがわかる身分証明書を持参し、料金を支払う

続きを見る
函館と近郊(北斗市、七飯町、鹿部町、森町、木古内町)限定で、JR線(普通列車普通車自由席)、函館バス、函館市電、道南いさりび鉄道が乗り放題になる共通フリー乗車券。同内容の「はこだて旅するパスポート」の約50%オフで期間限定販売されるので、大変お得です。

元町、ベイエリア、五稜郭など函館の中心エリア以外に、昨年世界遺産に登録された南茅部エリアの縄文遺跡や函館市縄文文化交流センター、恵山、大沼、トラピスチヌ修道院、トラピスト修道院などを訪ねるワイドな旅におすすめ。新幹線の新函館北斗駅や木古内駅からエリア内に足をのばすのにも重宝します。

はこだて縄文めぐりパスポート ※チラシは昨年度のもの
利用期間 2022年4月22日(金)~6月30日(木)
販売期間 (1日間用)2022年4月22日(金)~6月30日(木)、(2日間用)2022年4月22日(金)~6月29日(水)
※利用開始日の1カ月前から当日まで販売。この期間は既存の「はこだて旅するパスポート」の販売はありません
有効期間 乗車日から1日間または2日間
価格 (1日間用)おとな1350円、こども670円、(2日間用)おとな1830円、こども910円
販売箇所 JR北海道の主な駅のみどりの窓口など(函館・五稜郭・桔梗(日祝休)・七飯・大沼・大沼公園・森・八雲・長万部・奥津軽いまべつ・木古内・新函館北斗)

続きを見る
函館と近郊の木古内を結ぶ道南いさりび鉄道の人気観光列車「ながまれ海峡号」ツアーが、2022年度も企画されています。現在予約受付中。

このツアーは、「鉄旅オブザイヤー2016」旅行会社部門グランプリを受賞したもの。列車から眺める風景はもちろん、こだわりのグルメも登場。ローカル線にのんびりと乗って、鉄道旅を楽しみませんか。

料金 10800~12800円 ※おとな・こども(小学生)同額
運行日 2022年5月14日・28日、6月11日・25日、7月9日・23日、8月6日・20日、9月3日・17日、10月2日・16日(すべて土曜日)
提供グルメ ホームでの海鮮バーベキュー「いさりび焼き」、木古内町のレストラン「どうなんde\'s」や函館市のスイーツ店の提供メニュー。昔ながらのホームでの立売もあり
予約 利用日の7日前まで

なお、この「ながまれ海峡号」用の車両は、ツアー以外にも一般列車として運用され、通常料金で乗車できるほか、JR函館駅や沿線で眺めることができます。運行予定はこちらで確認。
問い合わせ 道南いさりび鉄道0138-83-1977

函館港の開放的な眺めが人気のベイエリアで、長い間、岸壁の本格的な改良工事・緑地整備工事が行われていましたが、2022年4月、憩いの広場が完成しました。

ベイエリア一帯の岸壁(ラッキーピエロマリーナ末広店スターバックス コーヒー 函館ベイサイド店函館西波止場の海側~新島襄ブロンズ像旧桟橋北海道第一歩の地碑)は、函館港末広緑地(函館西波止場広場)として、港を眺めながら散策や休憩ができる空間に。天然石の石畳、ウッドデッキ、屋根つきのベンチ、街灯も整備され、フォトスポットとしても人気が出そうです。

問い合わせ 函館市港湾空港部港湾課 0138-21-3492

続きを見る