トップに戻る
箱館戦争から150年、五稜郭の見どころ案内 
180315hakobura.jpg

函館の代表的な観光スポット、特別史跡 五稜郭跡。江戸幕府の役所として幕末に造られた星形の西洋式城郭で、現在は自然豊かな憩いの場として親しまれています。

五稜郭が築造されたのは1864(元治元)年。2014年に築造150年の記念の年を迎え。一年を通してさまざまなイベントが行われました。そして、2018年は五稜郭が舞台のひとつである箱館戦争が始まった1868(慶応4/明治元)年から150年、再び注目が集まっています。

歴史、桜、散策、冬のライトアップなど、見どころ満載の五稜郭。函館を訪れて、五稜郭をとことん楽しみませんか。


【箱館奉行所】 五稜郭の「本丸」で、幕末や箱館戦争を体感

110509A02.jpg

五稜郭は、開港を控えた幕府が北方防備のために築造を計画。1857(安政4)年から、じつに7年がかりで完成しました。星形の土塁と堀に守られて、中央に建てられたのが箱館奉行所(箱館御役所)。4年ほど役所として使われたのち、箱館戦争で旧幕府脱走軍の拠点となり、戦争終結後、1871(明治4)年に解体されました。

180315hakobura02.jpg

現在は、同じ場所に同様の設計・工法で建物の約3分の1が復元され、風格ある姿が甦っています。内部を見学できるので、当時の匠の技や最高級の建材を駆使した建築を堪能したり、幕府の役人や旧幕府軍のメンバーがすごした歴史の舞台を体感したりもおすすめ。幕末や箱館戦争に関する資料室もあります。

140104M03.JPG

瓦や装飾なども古写真から忠実に再現。

140104M04.JPG

4間からなる72畳の大広間。

140104M02.JPG

設計者・武田斐三郎の顕彰碑も郭内に。

関連記事


【函館随一の桜の名所】 桜の下を散策したり、ジンギスカンを楽しんだり

110509A03.jpg

箱館奉行所が解体された五稜郭は、1914(大正3)年から五稜郭公園として一般に開放されて、憩いの場として親しまれています。特ににぎわいを見せるのは、4月下旬から5月上旬のお花見の時期。堀の内外に植えられた1600本以上のソメイヨシノが花開くと、あたりは桜の海のような華やかさです。

関連記事

110512A01.jpg

堀の周囲や土手の上などでは、花の下を散策するのも楽しみ。

110508A02.jpg

桜を眺めながら、手漕ぎボートで堀を巡ることもできます。

140104M05.JPG

夜桜のライトアップ。指定エリアでは、函館流お花見のジンギスカンを楽しむこともできます。

関連記事


【自然を楽しみながら散策】 春の桜以外にも、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪景色

140104M06.JPG

五稜郭公園は、堀の外周が約1800メートルの散策路になっていて、四季それぞれに豊かな自然を楽しむことができます。夏は緑がさわやか。

140104M07.JPG
秋には桜の木の紅葉が鮮やか。

140104M08.JPG
冬は凍った堀に積もった雪が、木の影を映します。

140104M09.JPG

また、公園内では桜が終わっても様々な花が目を楽しませてくれます。二の橋の先にある見事な藤棚。

140104M10.JPG

土手の上には色鮮やかなつつじの花。

140104M11.JPG

裏門付近の堀には紅白のスイレンが群生。


【五稜郭タワー】 高さ90メートルから見渡す五稜郭は圧巻

140104M12.JPG

星形の西洋式城郭である五稜郭ですが、公園内を歩いていてもその全貌を実感することは難しいもの。隣接する五稜郭タワーの展望台に上がると、美しい姿が一望できます。

140219TT07.jpg

五稜郭タワーは、五稜郭築造100周年を記念して建てられ、現在のものは2006年に新設された2代目のタワー。高さ約100メートル、展望台の2階は90メートルの高さになります。展望フロアの周囲は360度ガラス張りで、眼下には五稜郭、反対側には函館山や港、そして、ぐるりと函館の街並みが見渡せて、圧巻です。

130519M07.JPG

展望フロアには、五稜郭ゆかりの土方歳三の座像があるほか、五稜郭の歴史がわかる展示コーナーも充実しています。


【五稜郭公園に隣接するカフェスペース】 豊かな自然を感じながら、ほっとひと息

140104M13.JPG

「五稜郭探検」の仕上げは、なごみのカフェスペースで、公園の木々を眺めながらのひと休みはいかがですか。自家焙煎コーヒー ピーベリーは、窓から四季折々の五稜郭が楽しめるカフェ。公園でピクニックをしているようなテラス席も。

140104M14.JPG

六花亭 五稜郭店は、人気菓子メーカーの直営店&喫茶室。公園に面した大きなガラス窓が、自然を描いた額縁のようです。


【五稜郭を舞台にしたイベント】 心躍るスケールの大きさは必見!

五稜郭を訪ねるなら、築造当時からある堀や土手などを活用した、スケールの大きなイベントもぜひ体験したいもの。歴史を再現したり、美しい星形を際立たせたり、ユニークな演出は必見です。

140104M17.JPG

5月の箱館五稜郭祭は、戊辰戦争最後の戦いの舞台、五稜郭の歴史を伝えるイベント。特設舞台では、大砲や鉄砲のパフォーマンスを交えた開城セレモニーが行われます。

180315M12.JPG

夏の市民創作 函館野外劇は、函館のドラマチックな歴史を描き出すステージが魅力。

140104M16.JPG

冬の五稜星の夢(ほしのゆめ)では、五稜郭の星形がイルミネーションで彩られます。五稜郭タワーから見おろす幻想的な風景が見ものです。


※編集室M(一部写真撮影/編集室A) 2014/1/5公開、2018/3/16更新