トップに戻る

スポット情報 体験 「体験観光」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

史跡大船遺跡 定時解説

しせきおおふねいせき ていじかいせつ


世界遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産である史跡大船遺跡を、説明員の解説を聞きながら巡る約30分のミニツアー。毎日10時・13時から、予約不要。

大船遺跡は、紀元前3500年から2000年頃にかけて縄文人が定住していた集落跡。2011(平成23)年10月にオープンした函館市縄文文化交流センターから5kmほど北西の、太平洋を見おろす丘の上にあります。
 
発掘調査で多数の竪穴建物跡や盛り土(もりつち)遺構、膨大な量の土器や石器などが発見され、2001(平成13)年に国の史跡に指定されました。茅葺き屋根や骨組み復元したした竪穴建物や、地面から深く掘り下げた竪穴建物跡を見ることができます。
 
常時開放されていて自由に見学できますが、毎日10時と13時には説明員による定時解説(30分程度)があり、誰でも無料で遺跡の説明(ガイド)が受けられます。予約不要。竪穴建物跡や復元された竪穴建物を巡り、使われた年代による細かな違いや発掘調査から分かった遺跡の特徴などを聞けば、縄文文化への理解や関心がグッと深まります。

なお、団体で解説を希望の場合は、事前に連絡をすれば、定時解説の時間以外でも可能な限り対応してくれるそうです。

関連記事

※記者K 2021/5/25取材、6/10公開 


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
史跡大船遺跡 定時解説
エリア 戸井、恵山、南茅部、椴法華エリア エリア区分について
所在地 函館市大船町575-1  Googleマップで開く
問合せ先 函館市縄文文化交流センター
電話番号 0138-25-2030  ※カーナビ検索には使えません
開園時間 見学自由。定時解説は毎日10時・13時から30分
休園日 11月~3月(この期間も遺跡の見学は自由)
料金 無料
アクセス 「大船小学校前」バス停 下車 徒歩10分
駐車場 あり(無料駐車スペース約30台)
関連リンク 史跡「大船遺跡」(函館市)
関連リンク 北海道・北東北の縄文遺跡群
無料で入れる施設、体験メニュー(予約不要)、眺望がいい、自然が豊か、歴史好きに、無料駐車場、指定文化財等


金森赤レンガ倉庫
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館山ロープウェイ
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
国際ホテル
竹葉
函館タクシー
広告募集中