トップに戻る

スポット情報 みやげ店 「複合商業施設」

ショッピング&フードエリア「ほっくる」

ショッピングアンドフードエリア「ほっくる」


北海道新幹線・新函館北斗駅に隣接するホテルの1階にオープンした商業施設。飲食店、弁当やみやげ販売店などがある。ソフトクリーム提供店が複数出店。

北海道新幹線の新函館北斗駅と駐車場を結ぶ用地に、2017年3月にオープンしたホテル「ラ・ジェント・プラザ函館北斗」。その1階には、飲食や物販の店舗が入居する北斗市観光交流センター別館「ショッピング&フードエリア『ほっくる』」があり、駅を利用する旅行客のかたに喜ばれています。みなみ北海道一帯のみやげ品が集合、駅近辺が便利になりました。

「Berry 5」は、駅のある北斗市で人気の洋菓子店「ジョリ・クレール」のベリーを使ったスイーツ&カフェ。タルトやソフトクリーム、クレープなど、インスタ映えしそうなアイテムがいっぱいです。
 
注目は、ワインの有料試飲販売機が目を引く「NORTH SAKE&WINE 酒舗 稲村屋」。1500円のカード(ワインカード1000円+保証料500円)を購入し、1杯30ccを100~300円で試飲、気になるワインの味を確かめてから購入できるという仕組みです。人気の北海道産ワイン、北海道・東北の日本酒、クラフトビールなどを取り扱い、地酒バーもあり。お酒もおつまみのチーズ類も個性派ぞろいですので、お酒が好きな方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
 
旅の疲れを吹き飛ばしてくれる冷たいソフトクリームは、ここ「ほっくる」でも大人気。複数のショップで提供しているので迷うほどです。「高砂屋」では「白い恋人」のホワイトチョコレートをあわせた「白い恋人ソフトクリーム」。イートインスペース完備のスイーツショップ「Berry5」では、山川牧場(七飯町)の牛乳を使ったソフトクリーム。ラーメン店「おんじき庭本 新函館駅前店」では、メロン味の「山川牧場ソフトクリーム ミックス」。「みなほっの杜 北斗店」では、森町産のかぼちゃ「くりりん」を使った「くりりんかぼちゃソフト」がおすすめです。
 
なお、ホテル「ラ・ジェント・プラザ函館北斗」2階レストラン「Dining アロサール」では、地元の素材をふんだんに取り入れたランチバイキングを実施。平日は大人1100円、小学生以下600円。土日祝日は色とりどりのデザートが加わります(ファミリーデザートバイキング、大人1600円、小学生以下800円)。天然温泉「北湯路(きたゆみち)」では日帰り入浴も行っていますので、時間に余裕のあるかたは、ホテルにも立ち寄ってみてはいかがでしょうか(13:00~24:00。入浴料500円)。

※編集室N 2017/9/7公開 2018/10 更新


ショッピング&フードエリア「ほっくる」
エリア 函館近郊・大沼エリア エリア区分について
所在地 北斗市市渡1丁目1-7 1F  Googleマップで開く
電話番号 テナントごとに異なる
営業時間 テナントごとに異なる
定休日 テナントごとに異なる
アクセス JR 「新函館北斗駅」 下車 徒歩1分
駐車場 無料駐車場あり(平面駐車場200台。新函館北斗駅前立体駐車場578台は1時間無料)
備考 カード対応もテナントごとに異なる
関連リンク 北斗市役所 ショッピング&フードエリア「ほっくる」
Facebook 北斗市観光協会
無料駐車場、車イス対応トイレ、おむつ替えスペース、地元のみやげが買える、Wi‐Fi(フリースポット)、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
竹葉
はこだて亭
函館タナベ食品
函館タクシー
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
広告募集中