トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「景色(市内)」

元町配水場

もとまちはいすいじょう


1889(明治22)年、横浜に次ぐ国内2番目の上水道として創設。現在も西部地区への配水を担当。敷地内は一般開放され、春はソメイヨシノの桜が美しい。

日本人が設計、監督したものとしては我が国初の近代水道。函館の上水道施設は1889(明治22)年に創設されました。市民に生活水を供給する拠点の一つとして、今なお活躍し続ける元町配水場は、函館山ロープウェイ山麓駅そばに位置します。
 
場内には120年以上の歴史を経た中区配水池と、1896(明治29)年の拡張工事によって完成した高区配水池を備えます。その歴史的、技術的価値を評価され、近代水道百選(昭和60年度/現 厚生労働省)、選奨土木遺産(平成13年度/公益社団法人土木学会)、近代化産業遺跡群・続33(平成20年度/経済産業省)などに選定されました。また、創設当時のものを改修して現在も使われている管理事務所は、函館市の景観形成指定建築物に指定されています。
 
高区配水池の完成を記念して敷地内に植えられたサクラの木のうち、2本のソメイヨシノが高区配水池前に現存しています。幹の太さは周囲約4メートル、樹高は約13メートルで、枝の幅は約20メートルを誇り、満開時の姿は圧巻そのもの。サクラを心待ちにしている市民は多く、函館港の絶景も訪れる楽しみをさらに増幅してくれます。高台にあるためか、発表される開花日より例年2、3日ほど遅れるようです。
 
【構内開放の期間・時間について】
4月第4土曜日~5月末・・・9:00~18:30(立ち入り禁止区域以外は全面開放)
6~8月・・・9:00~18:30(一部開放制限区域あり)
9月・・・9:00~17:30(  〃  )
10月~11月23日・・・9:00~16:30(  〃  )
11月24日~翌4月第4金曜 閉鎖
 
関連記事

※hakobura 2010/4/1公開 2018/7 更新


元町配水場
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市元町1-4  Googleマップで開く
問合せ先 元町配水場管理事務所
電話番号 0138-22-2871
開園時間 構内開放期間・時間は本文を参照
休園日 11月24日~4月第4金曜日
アクセス 市電 「十字街」電停 下車 徒歩10分
駐車場 周辺に有料駐車場あり
関連リンク 元町配水場
明治・大正の建物、指定文化財等、無料で入れる施設、眺望がいい、自然が豊か、花の名所、お子様歓迎、車イス対応トイレ


函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
フォーポイントバイシェラトン
竹葉
笑
国際ホテル
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
ホテルショコラ
万惣
株式会社前側建設
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト