トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「歴史的建造物(外観は見学可)」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

遺愛学院(旧遺愛女学校)本館・旧宣教師館

いあいがくいん ほんかん・きゅうせんきょうしかん


明治41年に建てられた、アメリカンスタイルの校舎と宣教師館(通称ホワイトハウス)。ともに国指定重要文化財。春、旧宣教師館前庭に咲くクロッカスが話題。

遺愛学院は、1882年(明治15年)に元町の高台(現在の遺愛幼稚園の場所)に開校された、関東以北で最初の女学校です。1908年(明治41年)に現在の湯川通りに移転、新校舎・寄宿舎・宣教師館が建築されました。
 
正門から松並木を抜けて正面にある本館は、サーモンピンクの板壁に白い窓枠が映える、アメリカンスタイルの学校建築。4本の円柱などの装飾的な玄関ポーチが印象的です。築100年を超えた今も現役で活躍していて、CMや映画の撮影場所としてもよく使われます。
敷地奥にある旧宣教師館は、アメリカから来函した教師の住まいとして建てられたもので、白い板壁と黒い瓦屋根のコントラストが美しく、ホワイトハウスと呼ばれます。毎年7月末に2日間、一般公開を実施。また、春になると前庭に2万株といわれる紫や白のクロッカスが咲き、訪れる人の目を楽しませます。
 
どちらも1908年に建てられ、旧宣教師館は2001年に、本館は2004年に国の重要文化財に指定されました。設計は、立教大学の初代校長でもあったアメリカ人建築家J.M.ガーディナーです。なお、本館は2018年夏より全面改修工事が行われています(工事期間は約5年半の見込み)。
 
関連記事

※編集室M 2011/4/8取材 2011/4/9公開 2019/9 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
遺愛学院(旧遺愛女学校)本館・旧宣教師館
エリア 五稜郭エリア エリア区分について
所在地 函館市杉並町23-11  Googleマップで開く
電話番号 0138-51-0418
開館時間 開門時は外観の見学可
アクセス 市電 「杉並町」電停 下車 徒歩1分
駐車場 周辺に有料駐車場あり
関連リンク 学校法人遺愛学院 遺愛女子中学・高等学校
明治・大正の建物、指定文化財等、自然が豊か、花の名所、市電から徒歩5分以内


竹葉
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
函館タクシー
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館タナベ食品
広告募集中