トップに戻る
春の楽しみ、遺愛学院ホワイトハウスのクロッカス
180331M01.JPG

函館の4月は、春を告げる花の便りでにぎやかになります。街なかで、毎年楽しみにしている人が多いのが、市電・杉並町電停前にある遺愛学院の旧宣教師館(通称ホワイトハウス)のまわりに咲く、白と紫のクロッカスの花。前庭は花のじゅうたんのようになります。

一般の学校の敷地内ですが、見学希望の方は、学校の開いている時間内に正門わきの警備室へ届け出ると、立ち入り可能です(平日・土曜日9~15時ごろ)。

※2018年は3月下旬に咲きはじめ、4月上旬が見ごろです(3月31日撮影)


◆毎年顔をのぞかせるクロッカスの大群生

180331M02.JPG

「遺愛のクロッカス、もう咲いたかな」「そろそろじゃない?」。
春になると、毎年そんな声が聞こえてきます。電車通り沿いにある遺愛学院の女子中学・高等学校は、春はクロッカス、夏はホワイトハウスの公開、秋は黄金のイチョウ並木、冬はクリスマスツリーなど、市民にとって身近な存在です。特に春の訪れを告げるクロッカスは、観光でいらっしゃるかたや写真愛好家のかたにも、とても人気があります。

180331M03.JPG

このクロッカスは、1950(昭和25)年にアメリカからやってきた宣教師が植えたものが、長年のあいだに数を増やして、今では約2万株もの大群生になっているそう。映画『星に願いを』のロケが行われた場所でもあり、こちらのクロッカスのシーンが印象的に登場しています。ホワイトハウスの気品ある姿と花々の取り合わせは、まるで物語の世界のようです。

120329M03.JPG 120329M04.JPG

クロッカスは紫と白の2色で黄色は混じっておらず、全体にシックな雰囲気。昼間開いて、夕方閉じます。人工的に造られた花壇ではなく、庭の至るところに自然に生えているので、落ち葉の間から顔を出す力強さも感じられます。例年見ごろは4月中頃まで。

120329M10.JPG 120329M06.JPG

そのほか、純白のスノードロップの群生や、福寿草の黄色い花も見られ、春の息吹きがいっぱいです。


◆国指定の重要文化財・ホワイトハウスも素敵

180331M04.JPG

遺愛学院には、重要文化財の建物が2つ(正門正面の本館と、敷地の奥の方にあるホワイトハウス)あります。クロッカスが前庭に咲くホワイトハウスは、アメリカから教育のために来函した宣教師の住居として1908(明治41)年に建てられました。

120329M07.JPG 120329M09.JPG

西野カナさんの「君って」のミュージックビデオでも使われたロマンチックな雰囲気の建物で、花に囲まれた姿は本当に素敵です。ふだんは外観のみ見学できますが、ホワイトハウス内部は毎年7月末に一般公開されます。


◆正門正面の本館は2019年度以降、改修工事に入ります

180331M05.JPG

もうひとつの重要文化財である本館は、正門から入って正面の突き当たりにあります。こちらも1908(明治41)年に建てられた現役の校舎で、映画「PとJK」や、SKE48のミュージックビデオ「キスだって左利き」にも登場した愛らしいデザインが人気です。この機会に外観の見学ができます。

本館は、早ければ2019年度から全面改修工事が始まる予定。工事期間は5年ほどになる見込みで、この姿はしばらく見られなくなりそうです。


※編集室M 2012/3/31公開、2018/3/31更新




関連記事