スポット情報 観光スポット 「銅像・記念物」

高田屋嘉兵衛銅像

たかだやかへえどうぞう


エトロフ航路の開発や北方漁場の経営、江戸幕府の代理人としてロシアとの交渉に当たったことでも知られる、江戸時代の豪商「高田屋嘉兵衛」の銅像。護国神社坂に建つ。

高田屋嘉兵衛は、1801(享和元)年に国後航路の発見・択捉島開拓の功により幕府から「蝦夷地常雇船頭」を任じられ、苗字帯刀を許された箱館の豪商。函館の発展に寄与したことでも知られています。

1812(文化9)年の「ゴロヴニン事件」の際には、江戸幕府がロシア船ディアナ号の艦長ゴロヴニンを幽囚した報復として国後島で捕えられ、一旦はカムチャツカ半島へ連行された後帰国、松前奉行を説き伏せて艦長の釈放に尽力したことが知られています。

1956(昭和31)年には嘉兵衛が没してから130年の節目の年ということで、銅像建立の機運が盛り上がり、1958(昭和33)年、函館開港100年を記念して実現。函館出身の彫刻家であり挿絵画家でもあった梁川剛一氏に製作を依頼し、かつて嘉兵衛の屋敷があった(現在の銀座通りグリーンベルトの一角)宝来町、護国神社坂に建立されました。

白御影石の台座の上に立つ銅像は、ゴロヴニン事件で幕府の代理人としてロシア軍艦「ジャーナ」へ乗り込んだ際の、正装の仙台平の袴、白足袋、麻裏草履を履き、帯刀した姿。右手には松前奉行からの論書(さとしがき)、左手には艦内で正装に着替えた際に脱いだ衣類を持っている姿が、的確に再現されています。

関連記事
 函館繁栄の基礎を支えた偉人①高田屋嘉兵衛
 箱館高田屋嘉兵衛資料館


※記者X 2012/8/22取材、8/24公開 2017/8 更新


高田屋嘉兵衛銅像
エリア 元町・函館山エリア
所在地 函館市宝来町9
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 市電 「宝来町」電停 下車 徒歩2分
駐車場
GoogleMapで大きなマップを開く
歴史好きに、市電から徒歩5分以内、英語看板


このページのトップへこのページのトップへ

金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
万惣
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
近畿日本ツーリスト
株式会社前側建設
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中