トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「博物館(市内)」

市立函館博物館

しりつはこだてはくぶつかん


1966(昭和41)年、函館公園内に総合博物館として開館。自然科学から考古学、美術工芸、歴史、民俗などに関する資料が多数収蔵・展示されている。

市立函館博物館は緑豊かな函館公園内にあり、四季折々の自然を楽しみながら訪れることができます。

博物館の歴史は古く、1879(明治12)年に開拓使函館仮博物場(旧函館博物館一号)が函館公園内に開場したことから始まります(その後第二博物場も隣接して開場)。日本の地方博物館の先駆け的存在ともいわれており、現存する全国最古の博物館として保存されています。1966(昭和41)年、市立函館博物館本館が総合博物館として開館し、現在に至ります。

館内に入り、中をぐるりとひと回りしていくと、縄文時代から現代までの函館の歴史について学ぶことができます。なかでも、国指定重要文化財で日本最大量を誇る中世の「志海苔古銭」や(写真中)、開拓使函館仮博物場内で使用されていた日本最古の展示ケースなど、貴重なものも展示されています。考古資料、美術工芸資料、ペリー来航、箱館戦争、函館大火に関する歴史資料、民俗資料、自然科学の分野では、地質・鉱物・化石資料のほかに、北海道内外の動植物資料が収蔵・展示されてます。

常設展示は、年に数回入れ替えを行っており、何度でも観覧してもらえるように工夫。また、企画展では函館をテーマとした、その年のタイムリーな話題に合わせた企画展示を行っています。

博物館では、より身近に親しみをもってもらえるように、学芸員による展示解説セミナーや、「学芸員こぼれ話」などといった単講座、小中学生向けの夏休み・冬休み自由研究講座なども随時実施。函館公園内には、遊具施設がある「こどものくに」(冬季休業)や動物飼育施設もありますので、あわせて気軽に出かけてみてはいかがでしょう。

関連記事
 函館公園
 旧函館博物館一号・二号
 市立函館博物館で「三平皿コレクション」を堪能


※記者TT 2012/10/21取材、10/28公開 2018/6 更新


市立函館博物館
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市青柳町17-1(函館公園内)  Googleマップで開く
電話番号 0138-23-5480
開館時間 9:00~16:30(4~10月) 9:00~16:00(11~3月)※いずれも最終受付
休館日 月曜日、祝日、毎月最終金曜日、年末年始。その他展示替えによる臨時休館あり
料金 一般100円、大学生・高校生・中学生・小学生50円(常設展期間の日曜日は無料) ※企画展等は別料金
アクセス 市電 「青柳町」電停 下車 徒歩7分
駐車場 あり(障がい者用のみ4台)
関連リンク 市立函館博物館
指定文化財等、自然が豊か、花の名所、歴史好きに、雨や雪でも楽しめる、無料駐車場


函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
フォーポイントバイシェラトン
竹葉
笑
国際ホテル
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
ホテルショコラ
万惣
株式会社前側建設
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト