トップに戻る

スポット情報 体験 「公園」

函館公園

はこだてこうえん


1879(明治12)年、市民によって造成された公園。ミニ遊園地や動物飼育施設もある。春は花見、秋は紅葉狩り、夏は噴水広場で水遊びをする家族連れでにぎわう。

豊かな草木に覆われた函館山のふもとに、函館公園があります。「病人に病院が必要なように、健康な人間には休養する場所が必要」と、当時の函館駐在英国領事リチャード・ユースデンが提言したのを受けて、市内の実業家4人が中心となって寄付金を集め、市民も全面的に協力。着工から1年7カ月を経て、1879(明治12)年に開園しました。日本で最も早い時期に設置された都市公園のひとつで、今も当時の姿をとどめる貴重な存在です。国登録文化財の登録記念物(名勝地)に指定。
 
函館公園は、桜の名所としても知られています。1889(明治22)年から5年にわたって、地元の商人・逸見小右衛門が、函館公園を奈良県の吉野山のようにしたいと、自らの手でサクラとウメの木5280本を植栽。昭和初期までの大火でその樹木のほとんどが焼失しましたが、現在はソメイヨシノを中心に約400本のサクラの木が植えられています。園内は起伏があるため、高低それぞれの視点から花を楽しめるのが魅力です。桜シーズンには夜間に電飾が施され、露店も立ち並んで、花見客でにぎわいます。
 
また、秋にはサクラをはじめ、ツツジ、カエデなどが美しく紅葉し、色づく函館山との取り合わせも絵になります。

園内には、噴水広場、博物館、ミニ遊園地(乗り物系遊戯施設)、動物飼育施設などがあり、歴史的な建造物や碑も多いので、ゆっくりと散策したり、家族づれで楽しむのにおすすめです。
 
関連記事
 函館の桜レポート「今日の函館公園」

※hakobura 2010/4/1公開 2017/7 更新


函館公園
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市青柳町17  Googleマップで開く
問合せ先 函館市住宅都市施設公社 花と緑の課西部公園事務所
電話番号 0138-22-6789  ※カーナビ検索には使えません
営業時間 常時開園。ビジターセンター8:45~17:30 動物施設(4~10月)8:45~17:00、(11~3月)8:45~16:00 こどものくに(4月上旬~11月上旬)平日11:00~16:00、春休み・夏休み・GW期間と土日祝10:00~17:00
休園日 ビジターセンター、動物施設12月29日~1月3日 こどものくに 天候不順日、11月中旬~3月下旬(10月第4週くらいから休園までは土日祝のみ営業)
料金 無料
アクセス 市電 「青柳町」電停 下車 徒歩3分
駐車場 あり(障がい者用のみ4台)
関連リンク 函館公園(函館市住宅都市施設公社)
無料で入れる施設、深夜・早朝でも入れる施設、眺望がいい、自然が豊か、歴史好きに、お子様歓迎、市電から徒歩5分以内、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース、明治・大正の建物、指定文化財等


笑
万惣
国際ホテル
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
株式会社前側建設
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
函館タナベ食品
広告募集中