トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「イベント」

函館山の大晦日と、五稜郭タワーのお正月

150101M01.JPG

函館の新年は、函館山山頂のカウントダウンと、五稜郭タワーからの初日の出で幕を開けます。新年のスタートに、はこぶら記者が体験した2つの年越しイベントをレポートしましょう。


◆函館山カウントダウンスペシャルで、新年の幕開けを祝う 函館山ロープウェイHP

150101M02.JPG

大みそか恒例、函館山のカウントダウンイベント。函館山ロープウェイが深夜に特別営業するということで、美しい夜景を見ながら新年を迎える人が、22時から続々と集まってきます。門松に着物の女性がお似合いです。

1150101M03.JPG

往復乗車料金、クラッカー、抽選券、オリジナルポストカードつきのスペシャルチケットを購入して山頂へ。ガラス越しに夜景が広がるレストラン、2階はフリースペース。飲み物や軽食をオーダーして、その時まで思い思いに過ごします。

150101M04.JPG

ポストカードは、この日にかぎり、無料で投函できます。エアメールもOK! 記念に自分に宛てて書いている人も多かったのでは?

150101M05.JPG

3階レストランでは、事前申し込みのカウントダウンプレミアムパーティー。オードブルとフリードリンクで、乾杯!

150101M06.JPG

パーティー会場では、ジャズの生演奏も。夜景とジャズでゴージャスな雰囲気、テンションが上がります。

150101M07.JPG

0時が近づくと、屋上展望台には人、人、人! この日の街の夜景は、昼間に降り積もった雪が街の灯りを反射して、ことのほかきれいで、寒さも忘れてしまうほどです。「10、9、8、7......」、みんなで声をそろえてカウントダウン。「Happy New Year!」の声とクラッカーの音が、新年の訪れをにぎやかに彩りました。

161028M01.JPG
⇒動画はこちら



◆五稜郭タワーの元旦特別営業で、初日の出を拝む 五稜郭タワーHP

150101A01.JPG

年も改まった1月1日の夜明け前の6時、五稜郭タワーの新年特別営業が始まります。普段は午後10時に消灯されるタワーのライトアップも、新年の幕開けとともに0時に再び点灯。夜通し美しい姿で、新年の訪れを告げています。

150101A02.JPG

受付の女性スタッフは着物姿で「あけましておめでとうございます!」。お正月気分が俄然盛り上がります。

150101A03.JPG

タワー展望台から見渡す、夜明け前の五稜郭公園。「五稜星の夢(ほしのゆめ)」のイルミネーションも点灯されていて、きれいな姿が眺められてラッキー!

150101A07.JPG

日の出を待ちながら、獅子舞の披露。獅子頭(ししがしら)に頭を噛んでもらうといいことがあるということで、お客さんは大喜び。

150101A08.JPG

獅子舞演舞は、函館の「トラベリングバンド」ひのき屋。

150101A04.JPG

元旦の日の出時刻は7時4分ごろ。この日は下のほうに厚い雲があって、ご来光は遅れましたが、7時近くになると徐々に明るくなってきて、皆さんの期待が高まります。

150101A05.JPG

来ました~! どよめきとシャッター音。函館の街並みの向こうに海が広がる、函館らしい初日の出です。

150101A06.JPG

タワー1階アトリウムでは、7時から新春縁起餅つき。だれでもつかせてもらえて、子どもたちも大喜びです。つきたて熱々のきなこもちは、柔らかくて美味しかった~。



※編集室M(函館山)2014/12/31~2015/1/1取材、編集室A(五稜郭タワー)2015/1/1取材
2015/1/1公開、2017/12/19更新
(上記の内容は取材時のものです。最新の情報は、各施設にお問い合わせください)