トップに戻る
美味
食事もちょい飲みもみやげも!「はこだて海鮮市場」の楽しみ方
2210121k53l.jpg

はこだて明治館や金森赤レンガ倉庫に隣接した「はこだて海鮮市場本店」は、地元の水産会社直営の商業施設。函館らしい鮮魚はもちろん、冷蔵・冷凍の水産加工品、常温で持ち帰りできるお菓子や食料品、クラフトビール、海鮮弁当や総菜などを販売しているほか、刺身やすし、定食などを提供するフードコートを備えています。その場で、もしくは持ち帰ってすぐに食べられるような商品も多く、地元客も多く訪れる人気スポットです。

2210121k60.jpg

ホテル「ラビスタ函館ベイ」側が正面入り口。はこだて明治館側や金森赤レンガ倉庫のBAYはこだて広場側などからも出入りできます。いわゆる「観光客向け」を超越した、函館のバラエティにとんだ食のパラダイス、「はこだて海鮮市場本店」の楽しみ方をご紹介します。


フードコートで海鮮料理とクラフトビールを満喫

2210121k12.jpg

いかいか亭」と名づけられたフードコートには、ホタテ、ホッキ、カキ、ツブなどの貝やイカ、カニなどを入れた生け簀があり、刺身や焼きで食べることができます。漁期には活ウニがあることも。※時期や漁模様により、品目に変動があります

2210121k16.jpg

フードコートは食券制です。券売機でチケットを購入すると自動的に注文が送信されるので、食券に記載された番号がモニターに表示されるのを待ちましょう。

2210121k25.jpg

しばらく待つとモニターに食券番号が表示され、スタッフが呼び出してくれます。こちらは活ホタテ焼き。

2210121k19.jpg

グループ会社が醸造している「はこだてビール」もその場で注文できます。少し歩いて乾いたのどに、つぎたての1杯の味は格別!

2210121k64.jpg

生け簀にある魚介類のほか、すし、刺身定食、海鮮を使ったラーメン、焼き魚など、幅広いメニューが食べられます。いずれも食券販売機で食券を購入してから調理開始。

2210121k29.jpg

市場内で売られている海鮮弁当やすし、総菜なども、この席で食べることができます。

2210121k31.jpg

中国料理のシェフが腕を振るう中華総菜も、ボリュームがあっておいしいと評判です。

2210121k26.jpg

好みのものを選んだら、市場の活気と調理風景が見える客席に座っていただきましょう。

2210121k21.jpg

あれもこれもと買っていたら、あっという間に食べきれないくらいのごちそうになりました。しっかり歩いて、おなかをすかせてから来たほうがよさそうです。



土曜日にはマグロ解体ショー!

2210121k61.jpg

フードコートの隣にある鮮魚売り場も、ぜひ見ておきたいもの。近海で捕れた地魚を中心に、その時期の旬の魚が地元価格で並びます。

2210121k10.jpg

依頼すれば、買った魚をその場でさばいてくれます。キッチンつきのホテルなどに宿泊しているかたは、持ち帰って料理に挑戦してみるのもいいでしょう。自宅へのみやげとして鮮魚を発送することも可能です。鮮魚売り場のスタッフに相談してみてください。

2210121k62.jpg

毎週土曜日の11時からは、熟練の職人が手際よくマグロをさばく「解体ショー」が行われます。さばいたマグロは大トロ、中トロ、赤身それぞれにサク取りして販売されます。サクを買ってその場で食べることも可能です(切り分けてくれます)。


食後にはスイーツ&コーヒーも

2210121k41.jpg

海鮮をたくさん食べても、スイーツは別腹!ということで、市場内にある焼きたてパンの店「Yanashi(ヤナシ)」ものぞいてみましょう。ホテルメイドのケーキとして長年函館市民に親しまれた味を楽しむことができます。

2210121k55.jpg

店舗併設の工場で焼き上げるパンも美味。函館の老舗「美鈴珈琲」の豆を使ったホットコーヒーも販売されています。

2210121k59.jpg

購入したケーキやパンは、南向きのテラス席で食べることができます。旅行者でにぎわうベイエリアと函館山を眺めながら、贅沢なひと時をおすごしください。


みやげ品も充実の品揃え

2210121k33.jpg

広々としたみやげ品売り場では、冷蔵・冷凍の水産加工品からお菓子まで、2000品目以上を販売しており、市内のみやげ店の中でも屈指の品ぞろえを誇ります。

2210121k48.jpg

店内中央にある冷蔵・冷凍品コーナーには、イカソーメン、ホッケの開き、カニなどの魚介類がずらり。ハム・ソーセージ・味つきジンギスカンなどの畜産品もあり、何を買ってよいか迷ってしまうほど。

2210121k32.jpg

ご飯のおともや酒のつまみに最適な生珍味や、函館市民も大好きな松前漬け、イカ塩辛なども豊富にそろいます。

2210121k44.jpg

石屋製菓の白い恋人、ロイズの生チョコレートなどの北海道みやげの定番のほか、北海道物産展でも人気を博している函館の菓子メーカー・昭和製菓の「函館志濃里(しのり)」ブランドの菓子など、函館生まれの菓子も豊富にそろいます。

2210121k47.jpg

函館を代表する洋食レストラン「五島軒」のカレーやコーンポタージュを再現したおかきもおすすめ商品。おみやげにぴったりです。

2210121k36.jpg

見逃せないのが、海鮮市場オリジナルの「ごっこグッズ」。ぷっくり・丸々とした姿で泳ぎ、泳がないときはおなかの吸盤で岩場にくっついて流されないようにする、函館ならではの珍魚「ごっこ(ホテイウオ)」をモデルにしたぬいぐるみなどがあります。

2210121k34.jpg

瓶入りのはこだてビール、はこだてわいんなど、地元のお酒も手に入ります。レジの近くに宅配専用のカウンターがあり、買ったものを自宅などへ配送できるので、鮮魚や冷蔵・冷凍品、飲料などの重い商品も安心して購入できます。函館帝産バスが運行する函館空港シャトルバスの乗り場(はこだて明治館前)も近く、最後のおみやげを買ってから空港へ直行するにも便利です。

※写真の商品や価格は撮影時のもので、一部現在と異なります

221110G55.jpg
フロアマップ(公式サイトより)


所在地 函館市豊川町12-12
アクセス 市電 「十字街」電停下車、徒歩5分
営業時間 9:00~18:00 ※パンのYanashiは10:00~16:00
定休日 不定休
問い合わせ 0138-22-5656


記者K 2021/4/16、2022/5/15取材、2022/11/10公開


関連記事