トップに戻る
ニュース・お得な情報 

重要文化財、旧函館区公会堂と遺愛学院本館の改修予定

重要文化財、旧函館区公会堂と遺愛学院本館の改修予定
函館を代表する文化財建造物、旧函館区公会堂。1910(明治43)年に建てられ、1974(昭和49)年に国の重要文化財に指定されました。

木部の腐朽や塗装の剥がれへの対応、耐震補強等のため、大規模な保存修理工事の実施が正式に決定し、2018年10月1日から2021年4月ごろまで休館となる予定です。

閉館中は、外観が見えるような透明な仮囲いの使用や、定期的な見学会開催が予定されています。詳細が決定したらお知らせいたします。



170406FC01.jpgまた、同じく国の重要文化財の遺愛学院本館は、2018年夏から全面改修工事が始まりました。工事期間は5年半ほどになる見込みです。

こちらの建物は1908(明治41)年に建てられ、2004(平成16)年に重要文化財に指定されたもの。映画やミュージックビデオのロケ地にもなった愛らしいデザインが人気です。これまで、春のクロッカスの時期夏の一般公開日などに、外観の見学の機会がありました。

問い合わせ 学校法人遺愛学院0138-51-0418

(2018/7/23更新)