トップに戻る
冬景色を眺めてのんびり、大きな窓の絶景カフェ
210204M03.JPG
2020年9月にオープンしたスカイラウンジ・カフェ・ぺルラ

冬の函館を訪れると、 雪道を踏みしめて散歩したり、雪化粧した街並みを眺めたり 、この季節ならではの街歩きの楽しみがあります。キンと引き締まった空気のなかを歩いたら、カフェでひと休みするのも、もうひとつのお楽しみです。とくに、窓から冬景色を眺めながら、暖かい部屋でホットドリンクを飲むのは、最高の贅沢! 街歩きや公園散策の途中でのんびり時間を過ごせる、おすすめ絶景カフェをご紹介しましょう。
※2021年1月現在、新型コロナウイルスの影響で営業内容が変更になっている可能性があります。ご利用の際は各店にご確認をお願いします。


◆Café フラフープ
120123N13.jpg

旧函館区公会堂すぐそばの、坂の突き当たりに建つ、ロケーション抜群のカフェ。窓際の特等席からは、遠く函館港や、元町公園の木々、石畳の坂道などが見おろせます。公園散策の休憩にもぴったり。上階には、懐かしい昭和おもちゃの展示スペースもあり、楽しい時間が過ごせます。
Café フラフープ(はこぶら詳細記事)
〈エリア〉元町公園の上 〈電話〉0138-87-0488


◆ヴィクトリアンローズ
2012.01.23h01.JPG

函館市旧イギリス領事館の1階にあるティーカフェ。歴史ある建物で、英国から取り寄せたアンティークな家具に囲まれて、格子窓越しに美しい庭園を眺めるのがおすすめです。開放感のある窓際の席で、種類豊富なポットサービスの紅茶を飲みながら、静かに降る雪を眺める優雅な時間をお楽しみください。無料Wi-Fiが利用できるので便利。
ヴィクトリアンローズ(はこぶら詳細記事)
〈エリア〉元町、旧イギリス領事館内 〈電話〉0138-27-8159


◆スカイラウンジ カフェ・ぺルラ
210204M02.JPG

二十軒坂の上にある眺望抜群のカフェ。市街地に向かっての一面が総ガラス窓になっていて、函館の街並みが間近に広がります。この場所は函館出身のバンドGLAYのゆかりの地で、TAKUROさんが窓から景色を眺めながら曲を作っていたというエピソードでも有名。2020年9月再オープン。食事やお茶を楽しみながら、ゆったりとした函館時間をどうぞ。
スカイラウンジ カフェ・ぺルラ(はこぶら詳細記事)
〈エリア〉元町、函館山ロープウェイ山麓駅そば 〈電話〉0138-84-5432


◆自家焙煎コーヒー ピーベリー
120125A02.JPG

まるで五稜郭公園の中にあるような好ロケーションで、大きくとったガラス窓をへだてて、公園の自然がすぐ近くに感じられます。春には満開の花で楽しませてくれる桜の木が、雪の中に力強く立つ景色は圧巻。堀端の散策路を歩く人の姿を眺めながら、おいしいコーヒーを味わっていると、時間のたつのを忘れてしまいそうです。
自家焙煎コーヒー ピーベリー(はこぶら詳細記事)
〈エリア〉五稜郭公園に隣接 〈電話〉0138-54-0920


◆六花亭 五稜郭店
hk59970X03.jpg

「マルセイバターサンド」などでおなじみ、北海道を代表する菓子メーカー「六花亭(ろっかてい)」の直営店に併設された喫茶室。五稜郭公園に面した壁一面はガラス張りとなっていて、公園の美しい雪景色を眺めながら、店で買ったお菓子を食べたり、喫茶メニューを楽しんだりできます。
六花亭 五稜郭店(はこぶら詳細記事)
〈エリア〉五稜郭公園に隣接 〈電話〉0120-12-6666(六花亭フリーダイヤル)


◆喫茶 想苑
IMG_5784.JPG

函館公園の裏手にある喫茶室。ジャズの流れる店内で、公園を眺めながら、ゆっくりとお茶を飲んで過ごすことができます。葉っぱを落とした木々の間から、公園内の洋館や、遠くの海が望めるのが冬ならではのお楽しみ。函館公園のほか、函館山の山歩きの拠点、函館山ふれあいセンターにも近いので、山歩きの前後にひと休みするのにもおすすめです。
喫茶 想苑(はこぶら詳細記事)
〈エリア〉函館公園に隣接 〈電話番号〉0138-23-3763


※編集室M、編集室A、編集室N、記者H 
2012/2/25公開 2021/1/30更新