トップに戻る

スポット情報 グルメ 「カフェ」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

ホットステーション珈夢

ホットステーションかむ


函館市東部の南茅部エリア、垣ノ島遺跡・縄文文化交流センターから徒歩圏内。本格的なドリップコーヒーが飲める。焙煎昆布めんを使った麺メニューが自慢。日曜日も営業。

函館市の東部にある縄文の里、南茅部エリアにある唯一といっていいカフェ。国宝・中空土偶を常設展示する函館市縄文文化交流センターや、世界遺産登録で話題の垣ノ島遺跡から車で数分、徒歩でも15分程度の立地。函館真昆布の漁が盛んな臼尻漁港の入口にあり、大きな木々に囲まれて穏やかな雰囲気です。

店内はカウンター席と大きなテーブル席、またグループなどで使える2階席もあります。1階には、海外製オーディオ機器と大きなスピーカーが据えられ、曜日ごとにクラシックやジャズ、和洋のポップスなどBGMをセレクト。聴きたいレコードやCDの持ち込もOKで、リクエストにも気軽に応じてくれます。

看板メニューは「昆布めん(かき揚げ・月見、各650円)」。温かい麺(夏期間は冷麺あり)で、ほんのりと昆布の香りがします。また、中空土偶の焼き印を押した「茅空(かっくう)ホットサンド(700円)」も人気です。 ドリンクは、本格ドリップで提供するブラジルやキリマンジャロのストレートコーヒー、ブレンドコーヒー(各450円)など。さらにケーキセット(800円〜)もあります。

「麺戀(めんこい)」と名付けられた焙煎昆布めんは、1998(平成年に地元有志らで開発したもの。焙煎した函館真昆布を粉末にして小麦に練り込んだ乾麺です。一度は生産が途絶えていたものを、店主の小林元昭さん夫妻が数年前にレシピを見直して復活させ、販売(2人前350円)も再開しました。この店のほか、近隣の道の駅「縄文ロマン 南かやべ」でも購入できます。

※記者MT 2020/9取材 2021/6/30公開 


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
ホットステーション珈夢
エリア 戸井、恵山、南茅部、椴法華エリア エリア区分について
所在地 函館市臼尻町149-15  Googleマップで開く
電話番号 0138-25-3063
営業時間 11:00~18:00。金曜日は11:00~22:00
定休日 月曜日、火曜日
アクセス 「臼尻」バス停 下車 徒歩1分
駐車場 無料駐車場あり(3台)
喫煙 不可
ブログ 珈夢のブログ
ランチタイムに営業、全面禁煙、無料駐車場、お子様歓迎、テイクアウトOK、地元の味が楽しめる


Meets Hokkaido 旅するように味わおう。
グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
国際ホテル
竹葉
函館タクシー
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
広告募集中