トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「史跡・碑(市内)」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

史跡垣ノ島遺跡

しせきかきのしまいせき


函館市中心部から約30kmの南茅部エリアにある、縄文早期前半から後期後半にかけての遺跡。竪穴建物跡や盛り土遺構などからなり、2021年7月28日に一般公開開始。

函館市東部の南茅部エリア、太平洋に面した海岸段丘上には約90カ所の縄文時代の遺跡が点在。垣ノ島川左岸には、広大な縄文遺跡「垣ノ島遺跡」が広がります。これは縄文時代早期前半から後期後半(紀元前7000年~1000年ごろ)のもので、約6000年の長きにわたって縄文人が定住していたことを示す集落跡です。2011(平成23)年、国の史跡に指定。案内板や散策路、体験棟(発掘調査や土器焼きの体験ができる)などが整備され、2021年7月28日に一般公開がスタートしました。

面積約9.3ha、縄文中期後半の大型竪穴建物跡をはじめとした各時代ごとの住居跡や、土器や石器の生活用具が見つかっています。また、縄文早期(紀元前7000年~5000年ごろ)の墓からは、子どもの足形を押した足形付土版など、精神性豊かな副葬品も出土されています。

国内最大級である「盛り土(もりつち)遺構」は、縄文前期末から後期初頭(紀元前3000~2000年前後)のもの。長さ190m、幅120mほどの「コ」の字型に、三方が盛り土された遺構です。遺構の中央には小高い丘が配され、この丘に向かって、北の方角から盛り土を切り開いた「接合部」とされる通路が作られています。ここは道具や動物の魂を送る祭祀・儀礼の空間である「送り場」と考えられています。

国宝・中空土偶を常設展示する函館市縄文文化交流センターと隣り合っており、センターがある高台から遺跡を一望できるとともに、盛り土遺構の向こうには、日本一の品質を誇る真昆布をはじめ豊かな資源に恵まれる南茅部の海が広がります。

函館市では、すでに公開されている大船遺跡とこの垣ノ島遺跡が、ユネスコ世界文化遺産登録が勧告された「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産となっています。

関連記事
 史跡垣ノ島遺跡 定時解説
 史跡垣ノ島遺跡 発掘体験
 世界遺産登録をめざす函館の縄文世界をご案内

※記者MT 航空写真提供/函館市教育委員会 2021/5取材、5/19公開 2021/7 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
史跡垣ノ島遺跡
エリア 戸井、恵山、南茅部、椴法華エリア エリア区分について
所在地 函館市臼尻町416番地4ほか(縄文文化交流センターに隣接)  Googleマップで開く
問合せ先 函館市縄文文化交流センター
電話番号 0138-25-2030
開園時間 9:00~17:00(4月~10月)、9:00~16:00(11月~3月)
休園日 12月29日~1月3日
料金 入場無料
アクセス 「垣ノ島遺跡下」バス停 下車 徒歩6分
駐車場 無料駐車場あり(40台。※函館市縄文文化交流センターと共用)
備考 車の場合は、JR函館駅から約50分
関連リンク 史跡「垣ノ島遺跡」(函館市)
関連リンク 北海道・北東北の縄文遺跡群
指定文化財等、無料で入れる施設、眺望がいい、自然が豊か、歴史好きに、無料駐車場、車イス対応トイレ、英語看板


グランクラス函館
金森赤レンガ倉庫
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
函館山ロープウェイ
函館タクシー
国際ホテル
竹葉
広告募集中