トップに戻る

スポット情報 体験 「公園」

函館公園 こどものくに

はこだてこうえん こどものくに


1956(昭和31)年5月開園のレトロな遊園地。開園当初からある観覧車、メリーゴーランドは今でも現役で活躍中。小さなお子さんの思い出づくりにもおすすめ。

市電「青柳町」電停から歩いてすぐ、函館公園の一角にあるミニ遊園地。開園は1956(昭和31)年5月5日。2年前に行われた北洋博覧会のために製菓会社が五稜郭公園内に整備した「子どもの国」を、函館公園に移設したものです。

飛行機、観覧車、メリーゴーランド、おばけ屋敷をはじめ、小さい子どもでも安心して楽しめる全13機種の遊戯施設があり、どれでも1回300円で利用できます。また、小型乗り物類十数機やゲームコーナーもあり、のんびりとした雰囲気が人気。最近は、テレビのバラエティ番組や旅番組で紹介されることもあり、レトロムードの観光&デートスポットとしても注目を集めています。

中でも貴重なものは、直径10メートル、ゴンドラ数8基の「観覧車」。1950年に誕生、大沼公園で活躍していたもので、現存する日本最古の観覧車といわれています。また、タワーの周りをゆっくりと回旋する「飛行機」からは、目の高さに海が見えて気持ちいいもの。「ロータリーチェア」は、2人乗りの椅子が周回するときに遠心力で振り回されるので、隠れた「絶叫マシン」と評判です。

函館公園の展望東屋に上がってみると、「こどものくに」と書かれた飛行塔の向こうに海が見渡せ、映画のワンシーンに出てくるような風景が広がります。冬のあいだと雨の日はお休みというのも、小さな遊園地らしいところ。このほか、函館公園内にはポニーやヤギ、シカなどがいる動物施設もあるので、家族づれで訪れるのにおすすめのスポットです。

関連記事

※編集室M 2013/4/2更新・公開 2018/7 更新


函館公園 こどものくに
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市青柳町17  Googleマップで開く
問合せ先 函館公園「こどものくに」北海興業株式会社
電話番号 0138-22-5039
開園時間 平日11:00~16:00、春休み・夏休み・GW期間と土日祝10:00~17:00
休園日 天候不順日。11月中旬~3月下旬(10月第4週くらいから休園までは土日祝のみ営業)
料金 入園料無料、遊具等の利用料金は1回300円、8回の回数券2000円(ともに税込)
アクセス 市電 「青柳町」電停 下車 徒歩3分
駐車場 あり(公園駐車場は障がい者用4台のみ/近隣に駐車可能な場所あり。詳細は問い合わせを)
関連リンク 函館公園 こどものくに
体験メニュー(予約不要)、眺望がいい、歴史好きに、お子様歓迎、市電から徒歩5分以内、無料駐車場


笑
万惣
国際ホテル
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
株式会社前側建設
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
函館タナベ食品
広告募集中