トップに戻る

スポット情報 函館みやげ 「飲料・酒」

函館奉行

はこだてぶぎょう


函館産の米「吟風」を使用、小西酒造(兵庫県)の醸造による純米吟醸の日本酒。函館の海の幸と相性のいい、すっきりとした後口が魅力。2014年1月に販売開始。

函館のおいしい食材とともに味わう函館産のお酒があれば......。かねてから要望が高かった函館産米の日本酒が2014年1月に満を持しての発売となり、函館のおみやげとして人気を集めています。

その名も、純米吟醸酒「函館奉行」。米は、近年高い評価を受けている酒造好適米「吟風」を函館市亀尾地区で作付け・収穫。酒造メーカーは、名酒「白雪」でもおなじみ、 兵庫県の伊丹で1550年創業の老舗「小西酒造」に依頼しました。商品開発に携わったイチマス(市電「湯の川温泉」電停前の酒店)の稲船さんによれば、「函館の海の幸と相性のいい、やや辛口でまろやかな味わいを目指した」とのこと。ラベルと外箱には函館の観光名所「五稜郭タワー」「トラピスチヌ修道院」「赤レンガ倉庫」の画像を採用し、函館のお酒であることが一目でわかるデザインも喜ばれているそうです。

「函館奉行」には2種類あり、ひとつは小西酒造の吟醸酵母を使用した「函館奉行(720ml 1770円+税、1.8ℓ 2700円+税)」、もうひとつは函館高専開発による「菜の花酵母使用 函館奉行(1.8ℓのみ。2700円+税)」です。お披露目となった試飲会では、函館産のタラとの相性が抜群と喜ばれたほか、「香りが豊かに広がる」「生ハムなど洋風の食材にも合う」との声も挙がったそうです。

「菜の花酵母使用 函館奉行」と小西酒造の吟醸酵母を使用した「函館奉行」は、市内のみやげ店で販売のほか、イチマスでは地方発送にも対応しています。


※編集室N  2014/2/5取材、2/18公開 2017/8 更新


函館奉行
主な販売場所 JR函館駅売店
函館空港売店
五稜郭タワー売店
函館山ロープウェイ売店
イチマス (外部サイト)
はこだて海鮮市場 (外部サイト)
津軽海峡フェリーターミナル
問合せ先 イチマス
電話番号 0138-57-3251
関連リンク イチマス
[直販店]
イチマス
函館市湯川町1丁目26-29
Googleマップで開く


国際ホテル
フォーポイントバイシェラトン
竹葉
笑
万惣
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
ホテルショコラ
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館タクシー
株式会社前側建設
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
広告募集中