トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「景色(市内)」

活火山「恵山」

かつかざん えさん


恵山地域にある活火山。道立自然公園として指定されており、車で火口付近まで登ることができる。山頂付近の植生は乏しいが、山裾では60万本程のツツジが有名。

亀田半島の東端にある高さ618mの活火山。ツツジのほか60種以上の高山植物が群生。登山家・岩崎元郎が新・日本百名山の一つに選定。恵山という名称の由来は、アイヌ語の「イエサンヌプリ」(溶岩が噴き出している山)、または「エ」(頭)と「サン」(前に出る)でつまり岬を意味するなど、諸説あります。
 
恵山は太古の噴火活動で形成されました。今から4~5万年前に海向山(かいこうざん)、椴山(とどやま)が誕生したのを契機に、2万~2万5千年前の間に外輪山(がいりんざん)、8千~1万年前の間に恵山溶岩ドームができたとされ、それらが複合した活火山となっています。
 
1874(明治7)年6月に小噴火して以降は小康状態にあるものの、今もなお噴気を上げ続ける姿に大地の鼓動を感じ取れます。栄養分の少ない火山灰、津軽海峡で発生する霧の影響による日照不足などの条件が重なり、さほど高くない恵山では2000m級の山でしか見られないような高山植物が観察できます。
 
春にはサラサドウダン(別名フウリンツツジ)が深紅の花を咲かせ、秋にはそれが赤・橙色の葉で高原一帯を染めるのも見もの。展望台や散策路の高台など、あらゆるアングルから眺望を楽しめ、青色の海や空と美しいコントラストを見せます。函館市指定文化財(恵山と賽の河原が名勝指定、恵山高山植物群が天然記念物)。
 
※恵山は2016年3月23日から、噴火警戒レベル対象火山(レベル1)となっています
バナー.jpg
 
関連記事

※hakobura 2010/5/1公開 2018/7 更新


活火山「恵山」
エリア 戸井、恵山、南茅部、椴法華エリア エリア区分について
所在地 函館市柏野町  Googleマップで開く
問合せ先 函館市役所 恵山支所 産業建設課
電話番号 0138-85-2336  ※カーナビ検索には使えません
アクセス JR函館駅から車で1時間 
駐車場 無料駐車場あり(100台)
関連リンク 函館市役所 恵山支所
指定文化財等、眺望がいい、自然が豊か、無料駐車場、車イス対応トイレ

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


竹葉
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
国際ホテル
函館タクシー
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館タナベ食品
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
グルメ回転ずし 函太郎
広告募集中