トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「坂」

弥生坂

やよいざか


函館の主要な坂の中では最長。かつては2本の坂だったが、明治12年の大火後現在のような1本の坂となった。この時、地域の繁栄・発展を祈り「弥生」の名がついた。


市電の「大町」電停で下車すると、山腹に向かって真っすぐに伸びているのが弥生坂。その道程は約720メートルに達し、函館山山麓にある主要な坂では最長です。

その長さに象徴されるかのように、坂の呼び名は、さまざまなものが存在しました。かつて坂は2本から成り、一方を現弥生小学校敷地の西側に称名寺(現在は市内船見町18)が建っていたことから、「称名寺坂」「西の坂」、または「寺町の坂」。もう一方は、1871(明治4)年まで坂上にあった遊廓から帰る人を冷やかしてか、「改心坂」と呼ばれたとか。また、さらに上の坂は、函館山を構成する各頂へ通じる道にちなんで「薬師坂」または「七面坂」と呼ばれていました。そして、1879(明治12)年の大火後、現在のように1本に整備された際、地域の繁栄・発展を祈念し、春を意味する「弥生」が用いられたのだそうです。
 
坂を3分の1ほど進んだところで振り返ると、すでに絶景が広がります。通りの延長線上に、旧函館西警察署を利活用した臨海研究所が見えます。そして3分の2ほどを過ぎるころ、道幅は急に狭まります。その奥には、箱館戦争ゆかりの地として、己巳役(きしのえき)海軍戦死碑咬菜園跡といった隠れた名所が存在します。長い道程ではありますが、函館通(つう)を目指す人はぜひ足を運んでほしい坂道です。

※hakobura 2010/9/1公開 2019/9 更新


弥生坂
エリア ベイエリア エリア区分について
所在地 函館市大町  Googleマップで開く
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 市電 「大町」電停 下車 すぐ
眺望がいい、歴史好きに、市電から徒歩5分以内、英語看板

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


JTB
函館タナベ食品
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
はこだて亭
国際ホテル
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
竹葉
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
ホテルショコラ
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
函館タクシー
広告募集中