トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「GLAY」

GLAYライブの会場、函館・緑の島をご案内

130531G01.jpg
(函館山山頂から見た緑の島)

2018年8月、函館出身のロックバンドGLAYが、2013年7月に続く、5年ぶりの大規模野外ライブを行います。会場は、前回と同じ、函館山やベイエリアを一望できる「緑の島」です。全国各地のGLAYファンにとってはまさに聖地ですが、ベイエリアや元町などの有名観光スポットと違って、目立った情報は少なめ。そこで、改めて緑の島の徹底解説をお届けしましょう。


◆緑の島は、函館湾に浮かぶ陸続きの人工島

130531M02.jpg
(港をイメージしたオブジェのある広場。対岸はベイエリア)

緑の島は、赤レンガ倉庫のあるベイエリアからほど近い、函館西部地区にあります。函館港の整備工事で発生した土砂を活用し、造成された人工島で、周囲は1118メートル、面積は約8万平方メートル。東京ドームの2倍弱という、小さな島です。

130531M04.JPG

「緑の島」と聞くと、「島だから、移動は船? 街とどのくらい離れているの? 悪天候の時は戻れなくなるの?」「何もない島なら、飲食物を持っていったほうがいい?」などと、心配になるかたもあるかもしれませんね。でも、ご安心ください。対岸とは橋でつながっているので、車や徒歩で自由に行き来できますし、島内にはトイレや水飲み場、管理事務所もあります。

130531G03.jpg

芝生の緑と函館山が美しい多目的広場。2013年夏のライブ告知用のアーティスト写真も、多忙なスケジュールの合間を縫ってここで撮影されました。


◆市民の憩いの場所であり、イベント会場やロケ地としても活躍

19-08-M2858.jpg

緑の島には2つの顔があります。普段は釣りや散策を楽しむ人が訪れる、静かな憩いの場。もうひとつは、イベント会場。地元では、「緑の島といえば、花火の打ち上げ場所」と認知されており、夏の花火大会の夜は、緑の島を取り囲むようにどっと人が集まります。

18-A-A01.jpg

また、緑の島を会場にした数千人規模の野外イベントは、年に数回開催されており、毎年夏に開催される音楽とファッションをテーマにした野外イベント「HAKODATE黒船」は、多くの若者で賑わいます。

120612M02.JPG

さらに、函館湾を見渡す美しい眺めが魅力の緑の島は、映画やドラマのロケ地としてもたびたび登場。ゆかりの地めぐりを楽しむかたも数多く訪れるほか、近年は、ロケーションフォトウエディングの撮影スポットとしても注目を集めています。もちろん、GLAYにとっても緑の島は元々ゆかりのある場所。「ホワイトロード」のMV(ミュージックビデオ)や、ライブDVD「GLAY EXPO 2004 in UNIVERSAL STUDIOS JAPAN "THE FURSTRATED"」のロケ地でもあります。


◆函館駅から市電で約10分、「大町」電停から徒歩3分

130610M01.jpg

函館湾に突き出た緑の島は、函館山から見おろして左手、将棋の駒をさかさまにしたような五角形が目印。函館山山頂からもはっきりと、その場所を確認できます。人気観光スポットのベイエリア(赤レンガ倉庫)や元町教会群、JR函館駅からも近いのが分かりますね。湾岸の道を歩くと、緑の島まで30分ほどの距離になります。

130531M06.JPG

函館駅から緑の島までの移動は、函館市電が断然便利。「函館どつく前」行きに乗り、約10分ほどで最寄りの「大町」電停に到着です。

130531M07.JPG

市電を降りたら右(函館山とは反対側)へ横断し、モダンな外観が目印の函館市臨海研究所を目指しましょう。交差点を右折し、ベイエリア方面に向かって進むと、緑の島の入口「新島橋」が見えてきます。

130531M08.JPG

入口の新島橋は「ホワイトロード」のMVにも登場。対岸の手の届く距離に緑の島が見えますので、迷わずたどりつけるでしょう。大町電停から緑の島の入口まで徒歩3分、ひとつ前の末広町電停からは7分、ベイエリアからは7~8分です。ベイエリアで食事や買い物を楽しんで、そこから緑の島へ向かってもOK。


◆緑の島の見どころをご紹介します

180813M02.jpg

2013年のGLAYライブをはさんで行われてきた緑の島の整備工事は、2015年4月に完了。約1万5000平方メートルの芝生の多目的広場と、約6000平方メートルのアスファルト舗装したイベント広場、約8000平方メートルの舗装した駐車場(約230台分)が利用できるようになりました。

130531M14.JPG

普段の緑の島は、とても静かな印象です。その名のとおり緑が多く、ツツジやハマナスなどが植えられており、「海に囲まれた公園」といった雰囲気。周囲には散策路やベンチ、あずまやなどがあり、心地よい潮風を感じ、カモメの飛ぶ姿を眺めながら、ヨットハーバーや、函館湾の美しい風景を楽しむことができます。

130531M10.JPG

対岸のベイエリア。観光遊覧船ブルームーンの姿も。黄昏時は、茜色に染まった空や、ライトアップされたベイエリアが、ロマンチックなムードを演出。デートにもおすすめのスポットです。なお、開放は昼間のみになります。

130531M12.JPG

反対側には、ライブDVD撮影スポットも。海の向こうには函館どつくが見えます。

130531M15.JPG

展望台付近の小道では森林浴気分。

130531M13.JPG

初夏にはハマナスのピンクの花が満開に。

180813M01.jpg

2018年のライブのある8月末頃には、ハマナスは赤い実をたわわにつけていることでしょう。

18-09-A12.jpg

島の中央にあるのは、サッカーもできる芝生の多目的広場。高い建造物がないので、360度、どこを見ても絵になる大パノラマ風景が広がります。この広い空間と整備されたイベント広場とを合わせて、約2万5千人が入場できる大規模野外ライブ会場となるわけです。2013年は、この函館山を背に、ステージが作られました。2018年はどんな光景が現れるのか、楽しみです。


所在地 函館市大町15(市電「大町」電停から徒歩3分)
開放時間 
4/1~9/30、12/1~12/31)9~20時 (1/4~3/31、10/1~11/30)9~17時
※1/1~3は閉鎖。花火大会等で立入できない日があります
利用に関する問い合わせ 函館市港湾空港部管理課管理担当0138-21-3486・3487

※文/編集室N 撮影/編集室M、編集室A
協力/ラバーソウル 編集協力/函館市港湾空港部港湾課
2013/5/27取材、6/6公開 2018/8/13更新

関連記事