トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「縄文」

縄文文化交流センター、バスでのアクセスガイド

160125A13.jpg

函館市の北部・南茅部エリアにある函館市縄文文化交流センターは、北海道で唯一の国宝である「中空土偶」を常設展示する施設です。函館の中心市街地から、車で1時間ほどの距離。レンタカーやマイカーで訪ねるのが便利ですが、公共交通機関で行く場合は、便数の少ないバスに乗り、バス停から10分ほど歩く必要があります。それでも中空土偶は一見の価値あり。函館駅からのバスでのアクセスをご案内しましょう。
※本記事の内容および写真は2019年4月現在のものです。


◆函館バスで1時間20分、臼尻小学校前で降りて歩きます

img_twoday04.jpg
JR函館駅6番乗り場から、99系統「鹿部行き」(川汲経由)」のバスに乗車します。センターの開館時間に合うバスは、2019 年4月現在1日4本。7:25発の99A系統「椴法華行き」は、平日のみ南茅部支所前で225系統「鹿部出張所行き」に接続。10:27、12:42、14:56発は、JR函館駅から縄文文化センター最寄りの「臼尻小学校前」バス停まで、約1時間20分です。五稜郭公園付近から乗る場合は、「五稜郭(3:ミスタードーナツ横)」バス停も通ります。バスの時刻は、函館バスHPまたは函館バス案内所(電話0138-22-8111)でご確認ください。

160125G01.gif
臼尻小学校前バス停からセンターまで、歩いて約10分。その道筋を詳しく説明しましょう。(マップ提供/函館市縄文文化交流センター)

160125A02.jpgバスを降りたら、進行方向と反対の、ローソンの方向に向かって50メートルほど戻ります。

160125A03.jpg「スポーツセンター」という青い看板がある三叉路を右折します。案内に従って、なだらかな斜面を登ります。

160125A04.jpg
途中で振り返ると、噴火湾を一望できます。

160125A05.jpg
坂の登り口から2~3分で、道が二股に分かれています。

180807SY02.JPG分かれ道に設置された看板を見て、「函館市縄文文化交流センター」と示された左の道に進みます。

160125A07.jpg
分かれ道から2~3分、右手に見える臼尻小学校を通り越して、突き当りまで進みます。

180807SY03.JPG
突き当たりの三叉路を左に曲がります。右側に案内看板が立っています。

160125A10.jpg
左に曲がったところからの景色です。

160125A11.jpg
2~3分歩くと、前方に看板が見えてきます。

160125A12.jpg
到着! この「道の駅 縄文ロマン南かやべ」に併設されているのが「函館市縄文文化センター」になります。バス停からここまで、歩いて10分ほど。スマートフォンをお持ちのかたは、GPS機能をオンに設定して、マップで現在地を確認しながら歩くことをおすすめします。なお、夏は虫がとても多いので、虫よけや長袖の上着などの着用をおすすめします。


◆帰路の選択は2通り

函館への帰路は、来た道を戻り、「臼尻小学校前」からバスに乗ります。バスの選択肢は次の2つ。

99系統「函館バスセンター」行きに乗る(往路の逆をたどる)
2019年4月現在、函館駅に向かう乗り換えなしのバスは、早朝を除いて1日1本(17:39発)。その他、11:25、13:40、15:54発の225系統「古部」行きに乗り、南茅部支所前で99A系統「函館バスセンター」行きに乗り換えも可。

JR鹿部駅に出て、JRで函館に戻る
99系統・224系統・225系統「鹿部出張所」行きに乗って、終点「鹿部出張所」で221系統・222系統「鹿部駅前」行きに乗り換え。終点「鹿部駅前」で下車し、JR鹿部駅から普通列車でJR函館駅へ。
臼尻小学校前から「鹿部出張所」行きバスは、2019年4月現在、早朝を除いて1日5本。11:52、14:07、16:20、18:05、19:55発。終点までの所要時間約30分。
〈参考情報〉このバスに乗車した場合は、「道の駅しかべ間歇泉公園」バス停で途中下車が可能です。鹿部出張所までは徒歩15分ほど。
鹿部出張所から「鹿部駅前」行きバスは、2019年4月現在、早朝を除いて1日3本。15:06、16:15(土日祝、休校日運休)、17:53発。終点までの所要時間約20分
JR鹿部駅から函館駅行き普通列車は、2019年4月現在、午前・夜間を除いて1日3本。15:33、16:42、18:20発。函館までの所要時間は約1時間。

いずれも、バス・JRの便数は非常に少なく、事前に確認して計画する必要があります。バスの時刻は、函館バスHPまたは函館バス案内所(電話0138-22-8111)でご確認ください。

この地域にはタクシーがほとんど走っておらず、利用したい場合には、函館市中心部からタクシーを呼ぶ必要が生じるのでご注意ください(時間も費用もかかります)。

160125A14.jpg

函館市縄文文化交流センター 函館市臼尻町551-1 電話0138-25-2030

関連記事


※編集室A(データ協力/記者X)
2016/1/16取材、1/28公開 2018/8/7再取材、12/21更新
2019/5/27更新