トップに戻る

スポット情報 体験 「公園」

しかべ間歇泉公園

しかべかんけつせんこうえん


地下26mから湧き上がり、周期的に地上に吹き出す間歇泉を、足湯で温まりながらのんびり見学できる。2016年3月、道の駅としてリニューアル。2018年11月、北海道遺産に選定。

間歇泉とは、周期的に地面から噴き出す温泉のこと。鹿部町の間歇泉は、大正13年に温泉を掘っているときに偶然見つかったものです(2018年11月、北海道遺産に選定)。間歇泉に親しんでもらうために、1999年にこの公園ができました。約10分間隔で、温泉が地下26メートルから地上15メートルほどの高さまで噴き上がります。温度は約100度、無色透明で無臭のナトリウム・塩化物泉で、噴出量は1回500リットルだそう。あまりに勢いがあって、風によって表の道道まで飛び出すのを防ぐために、上部に覆いが設置されています。
 
園内には、この温泉を利用した「足湯」のほか、鹿部町の情報が得られる休憩室「集いの館」、間歇泉の秘密が学べる「眺望の館」を併設。特に、眺望の館1階の通称「洞窟の道」からは、ちょうど間歇泉の後ろ側で、目の前に飛び出す間歇泉をガラス越しに眺められて、迫力満点です。足湯に入りながらも、温泉が噴き上げてくるのを今か今かと待つ楽しみがあります。
 
2016年3月、道の駅としてリニューアルオープン。間歇泉公園へは、道の駅から入場できます。道の駅には、特産品「鹿部たらこなどの水産加工品を取りそろえた物産館、温泉を利用した「温泉蒸し処」、漁協女性部による「浜のかあさん食堂」などがあります。
 
鹿部町へは、函館から車で1時間強。大沼や駒ケ岳観光の行き帰りに立ち寄るのもおすすめです。函館市南茅部地区の函館市縄文文化交流センターや大船遺跡からも近いので、函館発の日帰り旅に組み込んでみてはいかがでしょう。

関連記事

※編集室M 2012/3/14公開 2018/7 更新


しかべ間歇泉公園
エリア 函館近郊・大沼エリア エリア区分について
所在地 北海道茅部郡鹿部町字鹿部18-1  Googleマップで開く
電話番号 01372-7-5655
開園時間 8:30~18:00(4~9月)、9:00~17:00(10~3月)
休園日 10~3月の第4月曜日(祝日の場合は翌々日)、年末年始(12月31日~1月5日)
料金 間歇泉公園入園料 大人300円 小人(小中学生)200円
アクセス JR函館駅から車で約1時間 
駐車場 無料駐車場あり(49台)
関連リンク しかべ間歇泉公園(鹿部町)
関連リンク 鹿部温泉観光協会
体験メニュー(要予約)、眺望がいい、自然が豊か、歴史好きに、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース、Wi‐Fi(その他)、英語看板

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
JTB
グルメ回転ずし 函太郎
竹葉
国際ホテル
はこだて亭
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館タクシー
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
広告募集中