トップに戻る

スポット情報 みやげ店 「道の駅・直売所」

道の駅 しかべ間歇泉公園

みちのえき しかべかんけつせんこうえん


噴火湾に面した道道43号線沿い、しかべ間歇泉公園に併設の、海と温泉をテーマにした道の駅。タラコなど特産品の販売のほか、浜のかあさん食堂、温泉蒸し処などがある。

日本国内に10カ所しかない間歇泉(周期的に地面から噴き出す温泉)が見られる「しかべ間歇泉公園」。2018年11月に北海道遺産に選定されました。その隣接地に、2016年3月、道の駅がオープン。鹿部町の資源である「海の幸」「温泉」を楽しめる施設です。

本館の右手スペースは、物産館「鹿部・食とうまいもの館」。タラコや昆布、ホタテなどの水産加工品が直売価格で販売されています。噴火湾(内浦湾)に面した鹿部町にはたくさんの水産加工会社があり、製法や味付けに工夫を凝らした各社自慢の製品を全国に出荷。第55回函館圏優良土産品推奨会で最高賞の函館市長賞を獲得した、イリエ船橋水産の「はちみつ明太子」もここで買えます。左手スペースは、漁協女性部が運営する「浜のかあさん食堂」。前浜で獲れた新鮮な魚の煮つけまたは焼き魚などと、特産品のタラコが贅沢に味わえる「鹿部プレミアムたらこ御膳(1000円)」が人気です。食堂の横には、地元の人気惣菜店と鮮魚店もあります。
 
敷地内には、「温泉蒸し処」と「バーベキュー処」を設置。道の駅内で購入した食材でのみ利用することができます(要受付)。温泉蒸しの食材は、ホタテや甘エビなど、蒸し時間が10分程度のものを各種用意。外の東屋で潮風にあたりながら食べてもよし、食堂に持ち込んで食べてもOKです。併設する「体験・研修棟」では、修学旅行や団体旅行などの受け入れに対応。浜のかあさん地元料理体験などのプログラムが用意されています。
 
従来の間歇泉・足湯スペースへの入場口は、道の駅内にあります(有料)。足湯にゆったりと浸かりながら、10分間隔で吹き上がる間歇泉を眺めれば、日頃の疲れが吹き飛びます。道の駅内には、鹿部町の飲食店や温泉などを紹介するパンフレット類も各種あるので、ドライブの参考にどうぞ。
 
なお、函館市内からは離れており、JR鹿部駅からも近くはないため、マイカーやレンタカーなど車でのアクセスが現実的です。大沼公園へ行く途中または帰りに、「大沼」駅前(大沼公園駅ではありません)の交差点から道道43号線に入り、約40分走行して突き当りを右折、そのまま道なりに2kmほど走ると右手に見えてきます。車で約20分のところには「函館市縄文文化交流センター」もあるので、函館からの日帰りドライブをプランしてはいかがでしょうか。
 
関連記事

※編集室A(一部撮影/記者K) 2016/4/23取材、2016/5/27公開 2018/7 更新


道の駅 しかべ間歇泉公園
エリア 函館近郊・大沼エリア エリア区分について
所在地 北海道茅部郡鹿部町字鹿部18-1  Googleマップで開く
電話番号 01372-7-5655
営業時間 8:30~18:00(4~9月)、9:00~17:00(10~3月)※食堂は11~14時。トイレは24時間使用可能
定休日 10~3月の第4月曜日(祝日にあたる場合は翌々日) 、年末年始(12月31日~1月5日)
アクセス JR函館駅から車で約1時間 
駐車場 無料駐車場あり(49台)
関連リンク しかべ間歇泉公園(北の道の駅)
関連リンク 道の駅 しかべ間歇泉公園について(鹿部町)
朝10時前から営業、無料駐車場、車イス対応トイレ、おむつ替えスペース、地元のみやげが買える、Wi‐Fi(フリースポット)、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)、クレジットカード(VISA)、クレジットカード(マスター)、クレジットカード(JCB)

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


竹葉
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
国際ホテル
函館タクシー
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館タナベ食品
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
グルメ回転ずし 函太郎
広告募集中