トップに戻る

スポット情報 温泉 「足湯」

しかべ間歇泉公園足湯

しかべかんけつせんこうえんあしゆ


函館市の隣、鹿部町の「道の駅しかべ間歇泉公園」にある足湯。間歇泉の温泉を利用して、神経痛や冷え症に効能があるといわれている。目の前に間歇泉を眺めながら、くつろぐことができる。

しかべ間歇泉公園は、全国でも珍しい間歇泉が間近で楽しめる施設です。10分に1回くらい、沸騰した温泉が15メートルもの高さに噴き上げられる間歇泉は迫力満点。そして、それを目の前に眺めながら、向かいのあずまや風の建物で足湯に入ることができます。入園料300円で間歇泉と足湯の両方楽しめて、タオルの無料貸し出しもあります。
 
この足湯は間歇泉と同じ温泉を約42度に温度調節したもので、神経痛や冷え症などに効能があるとのこと。腰をおろした低い位置から見上げる間歇泉に歓声を上げ、「あと1回見ていこうよ」「くるぞくるぞ......」などとおしゃべりしながら待つのは、とても楽しいものです。底に丸石が敷き詰められているので、立ちあがって「痛っ、痛っ」と歩くのも盛り上がります。
 
2016年3月、道の駅としてリニューアルオープン。間歇泉公園へは、道の駅から入場できます。道の駅には、特産品「鹿部たらこ」などの水産加工品を取りそろえた物産館、温泉を利用した「温泉蒸し処」、漁協女性部による「浜のかあさん食堂」などがあります。大沼公園や函館市縄文文化交流センターが近いので、函館発の日帰りドライブ旅行に組み込んでみてはいかがでしょう。

関連記事

※編集室M 2012/3/14公開 2018/7 更新


泉質:ナトリウム塩化物泉

泉温:42~43℃

露天風呂:無

効能:神経痛、関節痛、冷え性など


しかべ間歇泉公園足湯
エリア 函館近郊・大沼エリア エリア区分について
所在地 北海道茅部郡鹿部町字鹿部18-1  Googleマップで開く
電話番号 01372-7-5655
営業時間 8:30~18:00(4~9月)、9:00~17:00(10~3月)
定休日 10~3月の第4月曜日(月曜日が祝祭日の場合は、水曜日)、年末年始(12月31日~1月5日)
料金 間歇泉公園入園料 大人300円 小人(小中学生)200円
アクセス JR函館駅から車で約1時間 
駐車場 無料駐車場あり(49台)
関連リンク 道の駅しかべ間歇泉公園(鹿部町)
源泉かけ流し、眺望がいい、自然が豊か、朝風呂(10時前)、休憩所、大人450円以下、Wi‐Fi(その他)

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
函館タナベ食品
函館山ロープウェイ
ホテルショコラ
竹葉
グルメ回転ずし 函太郎
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タクシー
JTB
金森赤レンガ倉庫
国際ホテル
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中