スポット情報 体験 「公園」

函館市熱帯植物園

はこだてしねったいしょくぶつえん


園内には300種の熱帯植物が生い茂り、冬には温泉に浸かるサルの姿も。湯の川温泉の源泉を、植物園を利用した入園者が自由に利用できる足湯の施設もあり。小中生向け各種イベントも多彩。

ガラス張りのさんさんと日差しが降りそそぐ「温室」には約300種、3,000本の熱帯植物が植えられており、冬でもあたたかく、ゆっくり過ごすことができます。タイミングがあえば、収穫された果実類が来園者にふるまわれることもあります。
 
屋外施設では、12月から5月までの冬期限定で、温泉につかるサルのかわいらしい姿が見られます。幼児向け遊具も充実しており、砂場、バッテリーカー等が人気です。夏は「水の広場」で水遊びが楽しめるとあって、子どもたちの歓声が響き渡ります。
 
サル山の向かいにあるこぢんまりした円形のあずまやにあるのは足湯。屋根つきで、老若男女問わずどなたでも気持ちよく過ごすことができます。
 
地元市民向けの各種講習や、季節ごとのイベントも開催しており、クリスマスコンサートなどは大勢の来園者で賑わいます。 
 
関連記事

※編集室D 2008/11/8公開 2017/8 更新


函館市熱帯植物園
エリア 湯の川エリア
所在地 函館市湯川町3-1-15
電話番号 0138-57-7833
開園時間 9:30~18:00(4~10月)、9:30~16:30(11~3月)
休園日 12月29~31日、1月1日
料金 入園料 一般300円、小中学生100円
アクセス 函館バス6系統「熱帯植物園前」 下車 徒歩1分
駐車場 有(無料、124台)
関連リンク 函館市熱帯植物園
GoogleMapで大きなマップを開く
体験メニュー(要予約)、眺望がいい、花の名所、幼児向け、雨や雪でも楽しめる、無料駐車場、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース、Wi‐Fi(その他)


このページのトップへこのページのトップへ

フォーポイントバイシェラトン
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
竹葉
万惣
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タナベ食品
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
金森赤レンガ倉庫
株式会社前側建設
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館山ロープウェイ
広告募集中