トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「史跡・碑(市内)」

石川啄木歌碑

いしかわたくぼくかひ


明治40年に函館に渡航し、家族を呼び寄せて落ち着いた青柳町の旧居跡にも近い函館公園内に建つ歌碑。有名な「函館の青柳町こそかなしけれ……」の歌が刻まれている。

函館公園内で東屋を頂に備える、明治山(通称すりばち山)のたもとに、歌碑がひっそりと建っています。地元の百貨店が1953(昭和28)年に建立。碑面には、石川啄木が詠んだ「函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花」の短歌が彫られています。文字は啄木の草稿から集めて拡大したもので、手の指でなぞると、啄木の鼓動が伝わってきそうです。

「青柳町」は、1907(明治40)年に渡航してきた啄木が居住した場所。文学好きな若者で作るグループ「苜蓿社(ぼくしゅくしゃ)」のメンバーに加わって活動したほか、離れて暮らしていた家族を呼び寄せて生活を営んでいました。函館に来てから大火に遭って札幌に発つまで132日間という短い滞在でしたが、啄木にとっては最も思い出深く、愛着ある土地だったはず。歌に町名を取り入れているのはその証で、地元住民にとっての誇りでもあります。

なお、平仮名書きの「かなしけれ」は決して、「悲しけれ」「哀しけれ」ではないでしょう。歌に書き残すほどの思い入れからすると、「愛しけれ」と解釈するのが妥当のようです。

最後の「矢ぐるまの花」は、ヤグルマギクを指すと考えられています。花の色は白、紅、ピンク、紫など多様で、函館では初夏を彩ります。啄木が過ごしたのは5~9月ですから、いつも道端で目にしていた花なのかもしれません。ちなみにヤグルマギクの花言葉は「幸福」「繊細」「優雅」。どれも啄木の生き方、作風に当てはまりそうです。

関連記事

※hakobura 2010/11/13公開 2019/8 更新


石川啄木歌碑
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市青柳町17 函館公園内  Googleマップで開く
問合せ先 函館市住宅都市施設公社 公園管理部 西部公園事務所
電話番号 0138-22-6789  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 市電 「青柳町」電停 下車 徒歩5分
駐車場 あり(障がい者用のみ4台)
自然が豊か、歴史好きに、市電から徒歩5分以内、車イス対応トイレ、オムツ替えスペース

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
函館タナベ食品
函館山ロープウェイ
ホテルショコラ
竹葉
グルメ回転ずし 函太郎
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タクシー
JTB
金森赤レンガ倉庫
国際ホテル
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中