トップに戻る

スポット情報 函館みやげ 「飲料・酒」

喜多里

きたさと


道南・厚沢部町の気候が育んださつまいも(黄金千貫)、メークイン等を原料とした北海道ならではの焼酎。産地直結の工場で風味豊かに仕上げている。全4種、ミニボトルあり。

北海道の豊かな水と原料を使った焼酎「喜多里(きたさと)」は、生産体制が整う前から地元のお酒好きの間で話題を集め、2007年の本格的な出荷以来、函館市内の酒店、スーパーやコンビニではすっかりおなじみのお酒。あたたかみのあるパッケージデザインは贈答用としても人気があり、函館旅行のおみやげにもおすすめです。

香りが豊かで焼酎の原料に最適、しかし、北海道での栽培は難しいと言われていたさつまいも「黄金千貫」の試験栽培に挑戦し、豊かな香りと風味、スッキリした飲み口の道南産芋焼酎が誕生しました。産地は函館から車でおよそ1時間半、メークインで有名な農業のまち、厚沢部町。原料の鮮度を保つため、産地直結の工場で製造しています。

現在は「芋焼酎」のほか、昆布の風味とスッキリした飲み口が評判の「昆布焼酎」、厚沢部町の特産品メークインを使った香り豊かな「じゃがいも焼酎」、北海道産の大麦(二条大麦)を使用、やわらかく軽い飲み口に仕上げた「麦焼酎」と、4つのバリエーションがあり、どれも北海道の素材が惜しみなく使われています。

メーカーのおすすめは「芋焼酎」ですが、「じゃがいも」も人気が高く、北海道のイメージで購入される方が多いようです。メーカー希望小売り価格は4種共通で720mlが998円+税、ミニボトル180mlが300円+税。飲み比べたい方にはミニボトル4本入りのギフトセット(1330円+税)もあります。地方発送については各販売店にご相談ください。


※編集室N 2014/4/10取材、4/30公開 2019/5 更新



掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


竹葉
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
国際ホテル
函館タクシー
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館タナベ食品
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
グルメ回転ずし 函太郎
広告募集中