トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「史跡・碑(市内)」

石川啄木座像(啄木小公園)

いしかわたくぼくざぞう(たくぼくしょうこうえん)


漂泊の詩人石川啄木の座像が、啄木の愛した砂山跡の大森浜に建つ。周囲は小公園として整備、隣接地には土方・啄木浪漫館も。

青年時代に啄木の詩に触れ感銘を受けた本郷新(1905~1980、札幌市出身)は、彫刻家として啄木の像をいつかつくりたいと思っていました。その願いがかない、53歳の時に制作した作品です。
 
写真を参考にしましたが、本人に似せた肖像彫刻としての啄木の姿ではなく、本郷が感銘を受けた詩人啄木にするために、内面を深く追及した造形を目指しました。「考える人間啄木」であり「もの思う人啄木」です。
 
函館の啄木について本郷は、「散歩するのに、はかまをはいて歩くのが常だったから、かすりの着物にはかま、素足と下駄の姿、しおれてものを思うのではなく、何か抗しつつ、ものを思うというような感じがほしかった。その抗して思う対象は、われでも、生活でも、社会でも世界でもいい、とにかく、それに向かって物を思う啄木。それで、低い石に腰を下ろさせて見た。22歳頃、初めて詩集をもって函館に渡ったという話なので、左手に本をもたせ、文学者であることも付け加え、着物も袴も石も荒けずりの面を生かして、ごつごつとしたものの方が似合うように思った」とあります。
 
台座には、「潮かおる北の浜辺の砂山のかの浜薔薇(はまなす)よ今年も咲けるや」の歌が刻まれています。歌の字体は、啄木の直筆との意見もありましたが、きっちりした形の文字を希望した本郷が、髙橋錦吉氏に依頼し、活字体のような文字になりました。
 
啄木の石膏原型は、函館市文学館2階に展示されています。
 
補記
昭和33年、石川啄木像建設期成会によって啄木ゆかりの大森浜に寄贈され、昭和52年、国道拡幅工事に伴って現在の「啄木小公園」に移設されました。
 
関連記事

※本郷新記念札幌彫刻美術館 学芸員 井上みどり 2010/9/1公開 2018/11 更新


石川啄木座像(啄木小公園)
エリア 五稜郭エリア エリア区分について
所在地 函館市日乃出町25  Googleマップで開く
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 「啄木小公園」バス停 下車 徒歩1分
駐車場 無料駐車場あり(10台)
無料で入れる施設、眺望がいい、歴史好きに、無料駐車場


函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
フォーポイントバイシェラトン
竹葉
笑
国際ホテル
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
ホテルショコラ
万惣
株式会社前側建設
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト