トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「冬遊び」

おチビさん大喜び! 函館の公園で雪遊び

2012.01.16h10.JPG

函館の冬。街の中は雪景色。とくに、雪の珍しい地域のかたから、「雪を楽しんでみたい!」という声がよく聞かれます。

雪で遊ぶってどんな感じ?
スキー場に出かけないと無理?
冬を手軽に体験できないかしら......?

できますよ! 函館市内の公園で、真っ白な新雪の上を歩いてみたり、寝転んでみたり、ついでに素敵な写真も撮れそう。できれば長靴があればベストですが、綺麗に雪かきされているところなら、そのままの服装でも大丈夫です。はこぶらのママ記者が、観光地にほど近い「函館公園」で雪遊び。子どもといっしょに、雪の世界を楽しんできました。


◆雪はキャンバス。人型、足跡、自由自在

2012.01.16h8.jpg

函館公園は、市電の青柳町電停から歩いてすぐの市民公園。近郊の自然や歴史に関する展示のある「市立函館博物館」や、ポニーややぎ、白鳥等が見られるミニ動物園もありますが、この季節の楽しみは何といっても雪遊び! 雪たっぷりの広場や、起伏のある園内の散策路が、子どもたちを待っています。

2012.01.16h2.jpg

誰も歩いていない雪の上を、ざーっと歩いてみませんか。誰かがつけた足跡をたどるのは、探検隊気分で盛り上がります。

2012.01.16h01.jpg

フワフワサラサラの新雪なら、雪の中に倒れ込んで、面白い人型を作ったり。もちろん、時間があるなら雪だるまを作ってみるのもいいですね。


◆雪のいたずらを探してみる

雪は、思いがけないいろいろないたずらをしてくれます。それを探しながらの散歩も楽しいものです。公園内にある博物館の案内にも、雪が小さな魔法をかけていました。

2012.01.16h3.jpg
土偶にマフラー                        

2012.01.16h4.jpg
てんこ盛りごはん


◆雪化粧した公園で、写真散歩

木もフェンスもこの時期ならではの雪化粧で、何げないアイテムが思わぬ被写体に。ぶらぶら散歩しながら、思い出の1枚を!

2012.01.16h5.jpg
雪帽子の消火栓

2012.01.16h6.jpg
フェンスに綿飾り

2012.01.16h7.jpg
旧図書館前の枝にも雪

30分程度の散歩でしたが、道具がなくても子ども達は大はしゃぎ。雪を満喫することができました。雪がサラサラしている、寒い日ほどおすすめです。旅行途中のあいた時間に、公園での雪遊び! おすすめです。

※記者H 2012/1/16取材、1/18公開 2019/1/5更新


●雪遊びができる観光地のおもな公園

函館公園(青柳町17 0138-22-7255) 市電「青柳町」電停より徒歩2分
五稜郭公園(五稜郭町44 0138-31-5505) 市電「五稜郭公園前」電停より徒歩15分
元町公園(元町12 0138-21-3323 函館市観光部) 市電「末広町」電停より徒歩10分

2012.01.16h11.JPG


●そり遊び、歩くスキーができるおもな公園
(できる場所については、各施設で確認のこと)

道南四季の杜公園(亀田中野町199-2 0138-34-3888) 函館バス「四季の杜公園 小川の里」バス停よりすぐ

見晴公園(見晴町56 0138-57-7210) 函館バス「香雪園」バス停より徒歩1分

市民の森(上湯川町327-1 0138-59-4472) 函館バス「トラピスチヌ入口」バス停より徒歩5分

昭和公園(昭和町20-6 0138-40-6322) 函館バス「東港」バス停、または「南昭和」バス停より徒歩15分