トップに戻る
ニュース 

北海道内の縄文スポットを巡る、北の縄文スタンプラリー

北海道内の縄文スポットを巡る、北の縄文スタンプラリー
世界遺産登録で話題になっている「北海道・北東北の縄文遺跡群」のうち、北海道内の遺跡などを巡る「北の縄文スタンプラリー」。緊急事態宣言によって多くの参加施設が臨時休館となっていたことから、実施期間が延長されました。

函館市の垣ノ島遺跡・大船遺跡をはじめとする北海道内の構成資産・関連資産(各遺跡の展示施設を含む)と、各地の博物館・郷土資料館など計30カ所が対象です。集めたスタンプの数に応じて、各地域の特産品などが当たる抽選に応募できます。期間中は、各施設で来場者にオリジナルミュージアムカードを配布します。

開催期間 2021年7月17日(土)~2021年10月31日(日)
スタンプ設置施設 公式サイトで紹介(函館市は垣ノ島遺跡大船遺跡市立函館博物館函館市縄文文化交流センター
参加方法 各施設等で配布の台紙にスタンプを押印し、郵送で応募する
問い合わせ 北海道環境生活部文化局文化振興課縄文世界遺産推進室011-204-5168
20210714js2.jpg