トップに戻る
足をのばして欲張り旅 「恵山・戸井・椴法華・南茅部エリア」

縄文の里名物、縄文拉麺&コロッケ

縄文拉麺_121110.jpg2011年に国宝・中空土偶を展示する「函館市縄文文化交流センター」ができて、「縄文の里」として一躍脚光を浴びている南茅部地区。函館市の北部にある漁業の町でもあり、昆布とは切っても切り離せない縁があります。

その歴史は古く、昆布は縄文時代から重要な食料として人々の生活に深くかかわってきたそう。また、江戸時代以降は朝廷や幕府に献上品として奉納されていたことでも有名です。現在でも住民の多くが漁業にかかわり、7月から9月の漁期には一家総出で早朝からの昆布漁に励みます。

そんな南茅部で誕生した、昆布使用の新名物を紹介しましょう。中空土偶に会いにいったら、これで腹ごしらえはいかがですか。

◆昆布とスルメイカだしの豚骨スープ「縄文拉麺」

縄文拉麺箸_121110.jpg「もしも縄文時代にラーメンを作ったら?」......そんな遊び心から生まれたのが、「縄文拉麺(ラーメン)」。南茅部産の真昆布とスルメイカの風味を加えた豚骨スープは、さらりとした口あたり。中細ストレート麺は、スープに負けないしっかりとした味わいです。

豚骨と魚介系の風味がとてもよく合っていて、スープも全部飲み干してしまいました。

道南随一といわれる白濁の湯で知られる「南かやべ保養センター」軽食コーナーで、2012年8月から販売を開始(税込750円)。土日限定で各日50食。センターに入場するときに、入浴料が必要です。また、併設のホテル函館ひろめ荘のレストランでも提供されています。

121112M01.JPG 121112M02.JPG hk59961h01.jpg

函館市南かやべ保養センター
 (問い合わせ0138-25-3749)
南茅部の山あいに位置する、日帰り公共温泉施設。大浴場は重曹泉、露天風呂は硫黄泉。
入浴料は大人400円、小学生150円、幼児70円。
JR函館駅から車で約60分。函館市縄文文化交流センターから車で約10分。


◆鹿肉、栗、細切り昆布。縄文の恵みが入った「縄文コロッケ」

縄文コロッケ中身_121110.jpgもう1点、ご紹介したいのが「縄文コロッケ」です。

三角おにぎり形のコロッケには、縄文人も食べていた鹿肉と栗、じゃがいも、細切りの真昆布がたっぷり。鹿肉は大和煮にして柔らかく、ジャガイモと栗は食感を楽しめるゴロッとした大きめサイズ。コロッケのころもには細切り昆布が入っています。

とてもユニークなコロッケ、「是非また食べたい!」と思った一品でした(税込180円)。こちらも、上記の「南かやべ保養センター」で、土日限定で各日50食提供。また、函館ひろめ荘のレストランの「縄文ランチ」でも提供されています。



121112M03.JPG
関連記事

※記者I(施設写真:編集室M、記者K)
2012/11/10取材、11/13公開 2016/4/19更新