トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「坂」

基坂

もといざか


明治時代に里数を測る基点となる「里程元標」が立ったことからこの名前がついた。坂を上りきったところには、元町公園や旧函館区公会堂など有数の観光スポットがある。

かつては行政の拠点として、坂上に役所が置かれていたエリア。松前藩時代の亀田番所、幕府直轄時の箱館奉行所、明治以降は開拓使、その後は1950(昭和25)年まで渡島支庁……と、時代の経過とともにその名称も変わってきたのです。そのため、住民の間では「お役所坂」「御殿坂」の名で親しまれていました。正式名は、里数を測る上で基点となる元標が坂下に建てられていたのに由来するそうです。
 
坂の始まる手前、海上自衛隊から電車通りにかけて、グリーンベルトが整備されています。明治天皇御上陸記念碑が高くそびえ、通りの角にはモスグリーン色をした相馬株式会社の社屋。山の方に目を向けると木々に囲まれるように、ブルーグレーとイエローの鮮やかな外観をした旧函館区公会堂が存在感を示しています。ときどき坂下を振り返りながらゆっくりと歩を進めていき、左手の旧イギリス領事館、右手のペリー提督来航記念碑を越えると、坂の突き当りの元町公園に到着です。

公園では、眼下に広がる市街地や函館港を見渡すもよし、ベンチに腰掛けてひと息つくのもよし。また、旧開拓使函館支庁書籍庫を眺めたり、旧北海道庁函館支庁庁舎1階にある観光案内所に立ち寄り、各観光施設の情報を収集するのもおすすめです。行政の中心だった地は、時を経て函館有数の観光拠点に様変わり。名所巡りの合い間を利用して、そんな歴史の詰まった元町公園を散策すると、その片鱗が感じられることでしょう。

※hakobura 2010/9/1公開 2017/8 更新


基坂
エリア ベイエリア
所在地 函館市末広町
問合せ先 函館市元町観光案内所
電話番号 0138-27-3333  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 市電 「末広町」電停 下車 徒歩5分
駐車場 周辺に有料駐車場あり(函館市元町観光駐車場 1時間200円)
Googleマップで開く
眺望がいい、歴史好きに、市電から徒歩5分以内、英語看板


近畿日本ツーリスト
国際ホテル
フォーポイントバイシェラトン
竹葉
笑
万惣
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
ホテルショコラ
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
株式会社前側建設
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中