トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「ロケ地・聖地」

菅田将暉・小松菜奈W主演「糸」、函館ロケ地ガイド

200816FC00.jpg
2020年8月21日公開の「糸」は、中島みゆきの名曲を北海道・東京・沖縄・シンガポールを舞台に映画化した壮大な愛の物語。菅田将暉(漣)×小松菜奈(葵)のW主演で、榮倉奈々、斎藤工など豪華共演陣が集結した話題作ですが、函館でもロケが行われ、感動のシーンで登場します。劇中のスチール写真を織り交ぜて、ロケ地をご紹介しましょう。


◆函館方面に移動する車窓風景

2人が葵の母親の消息を追って道央から函館方面に車を走らせるシーンで、車窓には函館と近郊の観光名所が現れます。

大沼国定公園(駒ケ岳と大沼)➊】
200816G02.jpg

大沼駅と大沼トンネルの間、JR函館本線と並走する道道338号線は、ところどころ大沼湖畔が開ける絶景ルートです。

【西部地区の街並み・市電「十字街」電停 ➋】
200816FC01.jpg
函館観光のメインエリアのひとつ、函館山のふもとに広がる西部地区。函館市電の分岐点「十字街」電停は、旧丸井今井百貨店などの昔ながらの街並みが人気のスポット。函館山をバックに元町の教会群も望めます。

【西部地区の街並み・八幡坂 ➋】
200816FC02.jpg
函館の坂の風景といえばここ! 青函連絡船記念館摩周丸が停泊する港を見おろす、人気ナンバーワンの坂を、漣の車が横切ります。

【西部地区の街並み・元町公園 ➋】
200816FC03.jpg

八幡坂のすぐ近く、港の見える高台にある公園です。園内や周囲に歴史的な建造物が多い、人気の場所です。


◆再会後、距離を再び縮める海辺の風景

入舟漁港 ➌】
200816M02.JPG

車をとばしてたどりついた函館の海辺の町。葵が母への思いを漣にぶつけるシーンが入舟漁港(函館漁港)で撮影されました。函館市電5系統の終点「函館どつく前」電停から歩いて5分ほど。イカ釣り漁船が利用し、防波堤、船揚場、水揚げする岸壁などがあります。後ろに見えるのは、あの夜景で有名な函館山です。

200816FC04.jpg
2人を優しく見守るような緑の山が印象的。

200816M03.JPG

入舟漁港は現役の港湾施設なので、場内は立入禁止。車などに注意して、公道から眺めるにとどめましょう。


◆見送りの空港の場面

函館空港 ➍】
200816G03.jpg

函館の空の玄関、函館空港。搭乗ゲートの内側と外側の間の柱には「もしもしコーナー」があり、ガラス越しに話をすることができます。

200816FC05.jpg
旅立つ葵と見送る漣。

hakobura180412.JPG

旅立ちを象徴する飛行機の軌跡が映し出される、函館山からの夜景のシーン。街灯りのきらめきの美しさが印象的です。


◆カウントダウンパーティーの行われるフェリーターミナル

200816FC06.jpg
葵にもう一度会うために、函館のフェリーターミナルにやってきた漣。

200816FCL02.jpg

海と函館山を見渡せるウッドデッキには、撮影ポイントとして特にカップルや家族連れに人気のある「ハートのモニュメント」があります。

200816FC08.jpg
このデッキで、約300人の地元エキストラが参加し、令和カウントダウンパーティーの撮影が行われました。

200816FC07.jpg
葵が乗り込むカラフルなイラストが特徴のフェリーは、高速フェリー「ナッチャンWorld」を貸し切りで撮影。現在は防衛省との使用契約が結ばれ、災害派遣などに使用されています。ふだんは函館ターミナルに停泊していることが多いそうです。

200816FC09.jpg
パーティーの人波の中でお互いを探す、クライマックスのシーン。


ご紹介した函館ロケ地の一覧マップ
MAP.png



200816FC10.jpg

2020年8月21日(金)より全国公開⇒上映劇場情報


20200805M02.JPG

関連記事

※編集室M 2020/8/12~17取材、8/21公開、8/25更新
*の画像はすべて🄫2020映画『糸』製作委員会