トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「ロケ地」

ラブライブ! サンシャイン!! 函館編、ロケ地巡りガイド

180123G01.jpg
2018年4月末に函館で関連ライブが行われる、話題のメディアミックス作品『ラブライブ! サンシャイン!!』。2017年末に放送された回で舞台になった函館のスポットの数々は、今や「ラブライバー」の聖地として、訪ねるかたの姿が多く見られます。そこで当サイトでは、ロケ地を巡る半日コースを考案。作品のエピソードとともにご案内します。

*の画像はすべて©2017プロジェクトラブライブ! サンシャイン!!

関連記事


【1】函館駅前広場~「Aqours」函館に上陸!

函館観光の玄関口のひとつであるJR函館駅の駅前広場。夏は花壇に植えられた季節の花々が、冬(12月~2月)は漁り火をイメージしたイルミネーションが旅行者を出迎えます。

180328G11.jpg
2期8話のオープニングで登場。「Aqours」メンバーによる函館での物語はここからスタートしました。

180328hakobura01.jpg

アニメの中では省略されていますが、実際には赤色が印象的なパブリットアート「OYAKO」が設置されています。駅前から朝市方面を見た時の景色は、かなり正確に再現されているので、チェックしてみてください。


【2】函館アリーナ~「Saint Snow」晴れ舞台のはずが......

函館市電「函館駅前」電停から、湯の川方面行きに乗車すると、約30分で「函館アリーナ前」電停に着きます。電停からは徒歩約1分。スポーツやイベント、コンサートなどに使用されている多目的施設です。4月27日(金)~28日(土)開催の「HAKODATE UNIT CARNIVAL」の会場としても利用されます。

180328G12.jpg
2期8話で「ラブライブ!」北海道地区予選の会場として登場。浦の星女学院のスクールアイドル「Aqours」はゲストとして招待され、予選観覧のために初めて函館にやって来ました。「Aqours」のよきライバルでもある「Saint Snow」も地元・函館から出場しますが、痛恨のミスで敗退してしまいます。

150722M08s.JPG

実際のアリーナは大小の円をつなげた形をしていますが、アニメでは直線的な外観で描かれています。函館が舞台となった2期8~9話のうち、実際の景色と作画が大きく異なるのはここだけなので、ある意味レアなスポットです。


【3】五稜郭タワー~「Aqours」、はしゃぐ

180123G04.jpg
函館市電「函館アリーナ前」電停から、谷地頭方面行きまたは函館どつく前行きに乗車し、「五稜郭公園前」電停で下車。そこから徒歩約13分で着きます。90mの高さがある展望室からは、徳川幕府が幕末に築いた五稜郭の星型がきれいに見渡せます。

180123G05.jpg
2期8話で函館アリーナを後にした「Aqours」が最初に立ち寄った観光スポット。善子は「わが夢にまで見た魔法陣」と騒ぎ、曜は土方歳三のブロンズ像を見て「かっこいい」とうっとり。果南はガラス張りの床の上に立って「平気」と強がるも、すぐに怖くなって助けを求めるなど、思い思いに楽しんでいました。

180413K01.jpg

果南が立ったガラス張りの床の上に同じ向きで立ち、アニメと同じ角度で自分の足もとを撮影するのがお勧めです。

180328hakobura02.jpg


【4】船見児童遊園~選考会からの帰り

函館市電「函館アリーナ前」電停から、函館どつく前行きに乗車し、「大町」電停で下車。姿見坂を突き当りまで上り、少しずれた細い坂道をさらに上った先にあります。観光スポットではなく、住宅地の奥にある小さな公園です。

180123G17.jpg
2期9話に登場。「函館クリスマスイルミネーション」出演者選考会の面接を終えたルビィと理亞たちが立ち寄りました。

180413K02.jpg

シーソーなど公園の遊具と位置関係はアニメと全く一緒なので、ルビィたちが腰掛けたシーソーに座って記念写真を撮ったり、善子が駆け上ったすべり台に上ったりしてみるのもいいでしょう。


【5】旧函館区公会堂~決意の2人

児童公園からは、市電利用より徒歩のほうが早く着きます。所用時間は約10分。1910(明治43)年に建てられた洋風建築の傑作で、国の重要文化財にも指定されています。函館を代表する歴史的建造物のひとつです。

180328G03.jpg
「函館クリスマスイルミネーション」の出演者選考会の会場として、2期9話に登場。2階の大広間が審査会場として使われました。ルビィと理亞が、大切な人に贈る歌を歌うために出演したいと、審査員たちに決意を語った場所です。

180328hakobura03.jpg

大広間の入口から審査員たちが座っていた場所まで歩いてみると、意外に距離が長いのに気づくはず。ここを一歩ずつ進んでいったルビィと理亞の緊張感が追体験できます。善子と花丸が審査の様子を見ていた、2階バルコニーにも出てみましょう。

120516M06.JPG


【6】茶房 菊泉~「Saint Snow」の実家

公会堂から徒歩約3分。大正時代に建てられた酒問屋の別邸をほぼそのまま活用した甘味処です。

180123G08.jpg
函館聖泉女子高等学院のスクールアイドル「Saint Snow」の聖良・理亞姉妹の生家として、2期8話に登場。「Aqours」のメンバーはそれとは知らずに偶然立ち寄りました。

180413K03.jpg

「Aqours」のメンバーが食べた「とうふ白玉ぜんざい」は、ぜひとも食べておきたいところ。入店時に「ラブライバーです」と申し出ると、理亞の部屋のモデルになった部屋を見せてくれます。

180413K04.jpg

2018年4月26日(木)~29日(日)は、飲食提供を休止して、店内公開と公式グッズなどのおみやげセットの販売のみの営業となります。⇒公式Twitter


【7】八幡坂~「Saint Aqours Snow」誕生

180123G07.jpg
茶房 菊泉から徒歩1分以内。坂の上から港を見おろす眺めは、函館を代表する景観として数多くの映像作品に登場しています。

180123G22.jpg
2期8話で、「Aqours」のメンバーが五稜郭タワーの次に立ち寄った観光スポットです。果南はこの場所で、「(浦の星女学院があるとされる沼津市の)内浦と同じ空気を感じる」と話しました。
2期9話では、ルビィと理亞が結成したユニット「Saint Aqours Snow」のライブが坂の下で行われました。

150721TT17.jpg

八幡坂の上にある函館西高等学校は、作中では聖良・理亞姉妹が通う函館聖泉女子高等学院という設定です。敷地内は立ち入りできませんが、アニメの世界観に浸ってみましょう。

150721TT18.jpg


【8】西波止場~姉はかけがえのない存在

180123G11.jpg
八幡坂を下りきったところにある、函館湾に面した小さな公園です。

180123G13.jpg
2期8話で、ひとり泣きながらラッキーピエロの店を飛び出していったルビィがいた場所として登場。スクールアイドルとして姉のダイヤと一緒に活動できるのがあとわずかしかないことを悲しむルビィを、ダイヤが優しく励ましました。

180413M01.JPG

ルビィとダイヤが座ったベンチに実際に座ることができます。なお、今後改修工事が行われるため、将来的には景観が変わる可能性もあります。


【9】ラッキーピエロベイエリア本店~「Aqours」ミーティング会場

西波止場からは徒歩約2分。函館で絶大な人気を誇るご当地ハンバーガーレストランの第1号店として、地元客と観光客、どちらからも長く愛されています。

180123G10.jpg
函館滞在中の「Aqours」が何かと立ち寄っていろいろな話を繰り広げた場所。2期8話では、茶房 菊泉を訪ねた後に立ち寄り、様子がおかしかった「Saint Snow」の理亞についてみんなで心配する様子が描かれました。
2期9話では、ルビィや花丸らが理亞と会い、曲作りについて話し合う様子が描かれました。

180413K06.jpg

運がよければ、「Aqours」のメンバーが座ったのと同じ席に座ることができます。

180413K05.jpg

花丸がかぶりついていた「フトッチョバーガー」や、フライドポテトにホワイトソースとミートソースをかけた「ラキポテ」もぜひ食べてみたいところです。

140710M26s.JPG


【10】金森赤レンガ倉庫~グループの垣根を越えて

180328G04.jpg
ラッキーピエロベイエリア本店から徒歩約2分。明治期に海運倉庫として建てられたレンガ造りの倉庫群。今はショッピングモールやビヤホール、多目的ホールなどを備え、函館を代表する観光スポットになっています。

180123G16.jpg
2期8話で登場。もう2度とスクールアイドルとして活動できない思い込んでいた理亞を、半ば強引に連れ出したルビィは、彼女の手を引いてここを通り、目の前に灯る巨大クリスマスツリーを見上げながら、「歌いませんか?一緒に曲を」と誘いました。

180328M12.JPG

クリスマスツリーがあるのは12月1日~25日(年によって若干変動がある場合も)の「はこだてクリスマスファンタジー」の間だけですが、2人が歩いた場所はふだんの景色と同じです。アニメにはレンガの壁しか映っていませんが、2人が見たであろう景色を想像しながら歩いてみましょう。

171201TT02s.JPG


【11】FMいるかオープンスタジオ~緊張しながらラジオ出演

180123G19.jpg
金森赤レンガ倉庫から徒歩約15分。函館山ロープウェイ山麓駅1階にある、コミュニティラジオ局のスタジオ。ガラス張りになっていて、ロープウェイ搭乗者以外でも、放送の様子を自由にガラス越しに見ることができます。

180123G18.jpg
「函館クリスマスイルミネーション」への出演が決まったルビィと理亞らが、告知のために地元ラジオ局に出演するという設定で、2期9話に登場しました。出演を終えると理亞の同級生がスタジオの外で待っており、「Saint Snowは学校の、私たちの誇りだよ」と声をかけてくれました。

151118TT01.jpg

ルビィたちが座った席はスタジオの外から見ることができます。普段は実際にスタジオ内にパーソナリティーがいて放送を行っているので、アニメのシーンが想像しやすいことでしょう。


【12】函館山展望台~「メリークリスマス!」

180123G20.jpg
函館山ロープウェイで山頂へ。左右両側を海に囲まれて美しい曲線を描く函館の街並みが一望できるビューポイントで、写真やテレビなどでよく目にする函館の夜景もここから見た景色です。「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改訂版では、「函館山からの眺望」として三ツ星を獲得しました。

180123G01.jpg
2期9話で登場。大好きな姉がスクールアイドルの先輩でもあるという共通点を持つルビィと理亞が、2人で作るライブに自分の姉を招待するために呼び出した場所です。2人は夜景を背に立ち、「今の私たちの精一杯の輝きを見てください!メリークリスマス!」と声をそろえました。

180328hakobura04.jpg

函館山から見た夜景だけでなく、ロープウェイや山頂展望台の構造物なども正確に描かれているので、チェックしてみましょう。函館山山頂展望台は夕方以降とても混雑するため、早めに山頂に上って展望台自体を一度見ておき、日が沈むのを待って夜景を鑑賞するのがいいかもしれません。


◆ラブライブ! サンシャイン!! 函館ロケ地巡りルートマップ



◆ロケ地マップ情報

180423M01.JPG

ロケ地巡りで訪れるかたのために、便利なロケ地マップが市内観光案内所などで配布されています(A4判、両面カラー印刷、三つ折り)。主なロケ地をマップつきで紹介。函館登場回のあらすじや劇中のカットも盛り込まれて、楽しめる内容になっています。

配布場所 函館市観光案内所(函館駅構内)、函館市元町観光案内所(元町公園内)、函館市地域交流まちづくりセンター、一部のロケ地、函館市役所ほか
問い合わせ はこだてフィルムコミッション事務局(函館市観光部観光振興課)0138‐21‐3326


※記者K(一部写真/hakoburaスタッフ) 
2017/12/1~5、2018/3/17取材 4/23公開 4/26更新