トップに戻る
函館でゲットできる、ご当地配布カード
180530M11.JPG

その土地でしか手に入らない公共系配布カードを集めるのは、手軽にできる旅のお楽しみ。函館でも、マンホールカードや土木遺産のカードが配布されています。どんなカード? どこでゲットできる? 詳細情報をご案内しましょう。


◆函館市の魚「イカ」をデザイン、マンホールカード

180530M12.JPG

マンホールカードは、全国のデザイン性あふれるマンホールのふたをモチーフにしたもの。これまで2016年4月の第1弾から2018年4月の第7弾まで、301自治体の342種類のカードが発行されていますが、函館市のカードは2016年12月の第3弾で登場。市の魚であるイカが波間に仲よく並んだカラーマンホールが印刷されています。

180530M13.JPG

カードの配布は、函館市地域交流まちづくりセンターの1階カウンターで。
函館市末広町4‐19 0138‐22‐9700 市電「十字街」電停から徒歩2分

hk00842X01.jpg

この建物自体も、1923(大正12)年にデパートとして建てられたものを大改修した大変貴重な存在。東北以北最古のエレベーターは現在も稼働中で、見学希望を申し出ると、スタッフの手動操作で最上階まで一緒に乗ることができます。

150430M02.JPG

なお、カラーマンホールの実物は、毎年4月下旬から11月中旬くらいの間、函館駅前や元町・ベイエリアなど、観光客のかたが多く訪れるエリアで見ることができます(冬の間は、積雪対応のため無着色のものに交換。写真は市電「十字街」電停近く)。全部で4種類あります。

180530M14.JPG

また、マンホールカード配布場所の近くにあるアクロス十字街入口付近には、イカを含む4種類のカラーマンホールが展示されているので、ぜひチェックしてみましょう。

関連記事


◆笹流ダムの雄姿、北海道推奨土木遺産カード

180530M17.JPG

北海道にある選奨土木遺産(土木学会が認定・顕彰する歴史的な土木構造物)を紹介する、北海道選奨土木遺産カード。2014年に作成され、36種類あります。函館市では、函館市の水道施設群として、近代水道として横浜に次いで古い水道施設(元町配水場)と、日本初のバットレス形式の笹流ダムが取り上げられています。

180530M18.JPG

カードの配布は、アクロス十字街の3階管理部総務課で。
函館市末広町5‐14 0138-27-8711 市電「十字街」電停から徒歩1分
※カード枚数には限りがあり、なくなり次第配布終了となります。訪問時には、事前に確認を

180530M19.JPG

元町配水場は、アクロス十字街から徒歩10分ほど、函館山ロープウェイ山麓駅の向かいにあります。1889(明治22)年創設当時のものを改修して現在も使われている管理事務所は、函館市の景観形成指定建築物にも指定されています。現地を訪れて選奨土木遺産を見学した記念として、カードを入手してはいかがでしょう。


◆2018年5月配布開始、ロープウェイカード

180530M20.JPG

中部地方から始まった「ロープウェイカード」、2018年5月に北海道でも製作・配布が始まりました。北海道索道協会に加盟する北海道内のロープウェイやゴンドラの18施設を紹介するカード。函館では、函館山ロープウェイが利用者対象に配布をしています。

180530M21.JPG

カードの配布は、函館山ロープウェイ山麓駅のチケットカウンターで(チケット購入者対象)。
函館市元町19-7 0138-23-3105 市電「十字街」電停から徒歩10分
2018年10月31日まで、空のお散歩キャンペーンを実施中です。


以上の3施設は、いずれも市電「十字街」電停が最寄りで、歩いて回れる距離にあります。カードの入手とゆかりの場所巡りを合わせて、函館の旅をお楽しみください。


※編集室M 2018/5/20・23取材、5/30公開